• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ガリレオの後、にも入らぬままベッドに転がったら、次の瞬間3時やった…
フツーに睡眠です(笑)
仕事中も、無意識でキーボードを叩いてる時間が何度もあったYO!
まぁ、いわゆる遊び疲れってヤツですが、そんな疲労感さえイイ思い出ですw

ということで。
個人的な記録のために、この旅を振り返ってみたいと思いまーす
時は遡って、金曜日──

11.23(FRI.)
AM5時起床。
埼玉近辺、最低気温が氷点下?くらいだっただけに「さむ…」と思いながらも、気持ちはすでに南国へ。
電車に乗ったら、同じようにトランク引いた人がチラホラ見受けられましたわ。
で、8時頃。羽田行きのモノレールに乗るべく、浜松町でUちゃんと合流(航空券も到着)
そこの自動発券機?でチェックインできると知って、これは便利だわ~と試すも、無情にも『空港まで行け』と指令が出る。…なんでじゃ。
airport
9時を20分ほど過ぎた頃、那覇空港へ向けてテイクオフ
飛行機ちょとニガテなUちゃんが、緊張&ピクピクしてて可愛かった~vv
という私も高度の落ちる感じに弱いんで、時折悩ましげな声が出る(迷惑)
朝も早かったんで爆睡かと思いきや、いつも通りしょーもない話で盛り上がりすぎ、機内ではsky timeっていうJAL限定のドリンクもいただいてキャッキャとハシャギながら(…)結局3時間じゅう一睡もせず
ここで既に冬コンのソロ曲演出について、ある程度の土台が出来てました☆>なんの土台だ

PM12時。
前日入りのMリン・みやこりんに到着口でお出迎えしてもらって、レンタお車で待機のカズミンの元へ。>Tシャツ!
冬の入り口とはいえ、やはり亜熱帯。暖かかった~
3人から前日のエグゼクティブな時間を共有してもらいながら、みやこっちお手製の旅の栞どおり、読谷村へ移動。

13時過ぎ。
背の高いサトウキビ畑の中をざわわと抜けながら、たどり着いたのは体験王国むら咲むら
体験王国言うだけあって、32工房101の各種体験ができるというテーマパーク。
…のわりに、駐車場で降り立った途端、牧畜の強烈な香りが立ち込めていて(そばに牛舎だか豚舎だか馬小屋だかがあったが)今だその印象が強く…ははは。
でも園内に入れば遮断され、沖縄といえば当然沖縄そば!を食す。
okinawasoba
こちらはこのお店の特製で、ソーキ(豚のあばら部分)と三枚肉と豚足入り。
残念ながらアタイは豚足をあまり抵抗なく食べられるの…
紫芋を練りこんだ色鮮やかな麺もあって、皆で写真撮りながら品評会。
モチモチした麺の触感とジューシーな豚のコラボ(笑)が美味でした
入った時間も時間だったけど、帰る時には麺が売り切れとったよ。
間に合ってヨカッタぜ!

体験王国ってことで、吹きガラス・染めもの等々いろいろある中で、私たちがチョイスしたのはシーサーの色付け体験
seesaa..
口が開いてる右側が男の子、左側のこっち睨んでるの(笑)が女の子だそうだ。
受付で、案外時間かかるから1体ずつ塗るのもアリだと言われたけど、わたしらの中じゃペアが必須ですw
お久しぶりな絵筆・アクリル絵の具&水入れを使いながら、ベースを選定して塗ってくんだけど、気付けば5人みんなが赤・青・融合の紫系統、てわかり易すぎる(笑)
最初は喋りながらワイワイやってたものの、ちょっと手元が狂うとはみ出したりするから、超真剣になってもうた
時間も忘れて──2時間半くらい?
seesaa back
台紙にラクガキしないでください(笑)水色の子は、左足1箇所だけピンク。見難いけど、うしろ姿に「51」「24」入り♪

all
全員集合。基本色は通ずるところありながら、やっぱどこか個性と性格(笑)が出るね。それぞれにカワイイっす

思いのほか↑で時間を費やし、予定は若干崩れたものの、個々に満足いくモノができたので他は割愛w
浮かれ気分のまま、忘れてたあの香りと駐車場で再会(苦笑)
引き続きカズミンにハンドルを握ってもらい、持参した大量のKinKi KidsさんCD(笑)をBGMにしながらドライビング。
早くもディナーのために那覇@国際通りへ舞い戻りました。
終始、気分屋なカーナビに苦戦してはいたけど、車移動が主流な沖縄ではコレに頼るしかないんだよにゃ~

あっという間に日も落ちて、19時。
事前に予約しといてくださった、ガルシア・マルケスの運営会社がプロデュースしてる、今帰仁ダイニング Paradise Kitchenという、オサレストランへ!
外観からリゾートセレブ感満載だったけど、お料理も地の洗練された素材を生かしてて、美味美味☆
雰囲気的に写真撮れなかったのが残念だな…
みやこっちが料理撮ろうと躍起になって立ちあがったら、ホールのお姉さんが「撮りますよ!」と勘違いして私らを撮ってくださったぐらいで(笑)
cake
UちゃんBDケーキも、ケーキ屋さんみたいにキレイで美味しかった~~
小さく見えるけどフツーにデカイです(笑)


国際通りへ行ったついでに、上手いこと安価でお土産を購入する面々。
早速会社で、話題?の紅いもタルトをいただいたけど、しっとりしててまあまあだったよ
ノンアルコールだったんで、帰りは途中交代でハンドル握らせてもらって、死のドライブでした(爆)
慣れないセダン車、慣れない複数車線道路、後ろにはみんな…ドキドキドキ。
ナビ役だったMリンが後部に移れば、必然的に助手席にはカズミン。
一番コワかったに違いない… ありがとう、2日間…
あなたが隣に居るだけで、なんだか本当にホッとしたよ(笑)

宿泊は恩納村のロッジ風コテージ。
イイ!ホテルももちろんイイけど、ああいう施設大好きですw>カントリー娘
カズミンと泡盛で晩酌できたのもステキだった
2階はベッド3つってことで、先発の3人に寝ていただき、1階の畳にお布団敷いてアタイとUちゃんで就寝。
寝る瞬間まで、ここには書けないことでケラケラ笑ってまちた。
やっぱピーーはあり得ないよ、うん(ぼそ)

2日目へ続くー
てか1日目にして、書きすぎ


拍手ありがとうございました!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。