• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
しんどいはHDDに任せたくせに、リアルタイムで見てました、魁!音楽番付
湾岸スタジオの屋上で、めがねっこつよの首まわりがちょいと寒そうな気もしたけど、ふたりの雰囲気は相変わらずぬくぬく
まさかふたりの会話に、卑猥が飛び交うとは思いませんでしたがー(笑)
Φの使い方もカワイイぜ

そんで、なによりラプソディーのレコーディング話。
おそらくいつもは、つよが歌ったのを聴いて光一さんが重ねるところを、時間の都合で同時期に別所?収録。
だから光一さんは、剛さんの後ろ取り(拍)な歌い方を想像しながら歌った、と。
そしたらぴったり合った、と……どんだけー
いいわいいわ。剛さん想像しながらあの曲を歌う光一さんを想像しただけで、2割増しで萌え涙を誘いますわ
なのに「やらしい」「卑猥」「官能小説みたいなこと言いますね」
しまいには「他に何を想像したのか、言えませんけども」
つよーーし(笑)
光一くん困ってるぢゃないか。
あ、なんかイタイとこ突かれたとか?>黙れやワレ

一方『銀色 暗号』話になったら、光一さんから卑猥な反撃。
…卑猥な反撃って語弊がありそうですけど(笑)
たしかに「ふたりだけが唱えられる暗号」だもんにゃ~
ひわいわいわい。
TV LIFEでは、いわば光一くんへのラブソングと思ってもらってもいい、と剛さんすら認めたわけで。
遠慮なく捉えさせていただきたいと思う次第でございます
やっぱ合作って最強だな。
曲自体、何度聴いても懐かしさと安堵感があるんだよねぇ
早くふたりを見守りながら、生の暗号を聴きたいもんです。

話が逸れた気もするが(笑)とにかく音楽番付はΦに始まり卑猥に終わった
いいよいいよ~この秋冬のKinKiちゃん

早々に送りますのでお待ちを>私信

つーか、こんな時間にナゼのんきに更新?と申しますと、本日仕事がかなーり落ち着いていたのをいいことに、早々抜け出し(笑)
んで、実は持ってたデジカメの修理をしに秋葉原の某サポートセンターへ来たのです
ずいぶん前、液晶が真っ黒になって、壊れたーーと思いながら、使わず放置してたんだが、ネットで調べたらリコール対象になってたYO!(ぷ)
しかも1時間くらいで無償修理できて(リコールやから当然だが)近所の喫茶店で飲めるチケットつき。
なので今、いわゆる昔ながらの喫茶店で珈琲いただきました
外寒かったから温まる~
&豆から挽いてるのがよくわかる、インスタントにはない深み…
って、わかったようなこと言ってないで、もうすぐ修理も完了する頃やし、戻りましょうか。
復活したデジカメ、早速出番がくるぞーー
まぁ使いたいからここまで来たんだが


拍手ありがとうございましたー!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。