• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今夜は、ひたすらにΦ SPECIAl lOVEを聴いております
かれこれ数時間、時に詞を追いながら──…
さすがに音拾えるようになるね(笑)
けど何度繰り返しても飽きないわわわ~
いずれも遜色なくハマってます

01
↑こんなんを1曲ずつ作ったんでレビュっていきたいんだが、どう頑張っても眠くて思考が働かないんで、コレはこの週末の課題にしよう。
ただ明晩からちょうどジャマな人が来るんだよなぁ(苦笑)

DVDは要所要所で挟まるインタビュー(対談?笑)とMCを中心に追ってみた。
シンプルなスタジオでふたり。
一見とても無機質なんだけど、内に秘めてるものがホントに強い人たちだなぁというのを改めて感じた映像だったかも。
そんな中で、お互い不安になる部分があって、不安要素もお互いで違って、それすら当然のようにわかってる、っていう話が好き。
でも目指してる場所は一緒。
これってやっぱ、普通に考えてスゴイことなんじゃないか?
最近、『キャラクター正反対なのにピッタリなふたり』って、アタイ&同日入社Kちゃんも会社で言われたばっかりなんだが、堂本さんふたりの運命には、来世になってもまず敵わない自信がありますわ

10th Anniversary in TOKYO DOME。
広い視野で客観的に見ることで、あの場所にいたあの時とはまた違って見えた部分も。
でも、ドームだろうと自分ちだろうと感動するには変わりなく。
とはいえ全然泣く予定じゃなかったのに(笑)やっぱ最後の方で泣いてまったなぁ
ホント素敵な思い出です。

腕を引かれて抱擁に向かう光一さん、あんなに声出てたっけ?
テレちゃってかわいいぜvv
ふたりとも、背中ポンポンポンってしなくてもいいのに。
かーわーいーいー(今更)


さ、お疲れ金曜日。
めざましテレビ見て、がんばりましょうか


拍手ありがとうございました!
お返事またします~~
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。