• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
本当に終わってしまった…キンキらKinKiワールド。
10代の頃は、何気に自分も毎週聴ける環境にありまして
その頃は『キンキなき戦い』とかメインなカンジだったかなぁ。
今やもうコーナー名も言われなきゃ思い出せないけども(笑)
そして最後のOA。
フツーに、フツーに、楽しく耳を傾けられました。
……傾けられてたけど、2人の明るさがかえって寂しさを増長させて、次第に涙が出た
僕らの活動は続くからって、当たり前じゃ!
あの曲たちを流すのは卑怯じゃーっ!!

ここ数年、ラジオ自体は全然聴けてなかったけど、やっぱ2人の声色とか絶妙な間を楽しめる媒体が一つ減ることは、ファンにとっては苦渋であって。
どんなにテンション低かろうが、どっちかが風邪ひいて喉潰そうが(笑)
次の週には逆転して…なんて時もあったし(萌え~)

でも。
何かをひとつ失った時は、新しい何かが見つかるかもしれないと、そう前向きに思いたいっすね。
まんまどっかの詞のようですが
事実収録に費やしてた時間が、再び彼らに還元されるわけだもんね。

ていうか、印象に残ってるのは“タガメ”とか言うんじゃないかと思ってたら、剛さん本当に言ってたね(笑)


新堂本兄弟@Chara。
「僕は待ちうけは光一くんですね」
「ウソを言うなよぉ」
萌え~……って、以上終わり!?
光一さんの甘いお顔と声は尾を引いたものの、脈略もへったくれもない使われ方に、唖然とせずにはいられない

ふぁ~っとした気分なので、久しぶりに箇条書き↓

・剛もはじめまして!?
俺は会ったことないのに会ってる人多い
嫉妬ですか~?(爆)
・家が好きなんだもん
だもん、ってカワイイんで
・お友達ミュージシャンvsうちの姉ちゃん
結婚式に呼ばれた堂本さんたちの様子が気になる

・あぁっ!パレット忘れた~ オカーン!!
最近軽くチェックを疎かにしてたけど、やっぱりその目線と体の向きは真っ直ぐお隣さんだね
剛さんも楽しそうに笑ってること多々
「本気出さないんですよ、なかなか」
「待ってるんです僕。受身なんです」>そーすか(笑)

・光一くん泣きそうになってたよね!
だから、そういう民衆の声をどこで得るんですか、兄さん…
・意味わかんないよね
「似合うね、今の言葉を浴びる感じとか」
つよっさんそれは傷口に塩…

・お前じゃねぇよ!!
言われてみてぇーーーっ!!
キャー!ていうよりギャー!!って言うよ…
シンメに両手の人差し指立ててるキンキキッズ、可愛すぎるうえ
KinKi Kidsひとつのことに1時間くらい引っ張りますよ、ってやっぱり自覚はあるんですよね(笑)
引っ張りどころがちょっとアレやねんな~w
そんなところが好きなんですけども。

・玄関に置いといて忘れる
次の日持ってくギターを、忘れないように玄関に置いておく剛さん、なーんか愛しいなぁ
きっと子供の頃は、寝る前に教科書は勿論、着る服の用意ぐらいまでしてたタイプだろう(笑)
昔はそれが出来てた自分も、今や……
ゴミ出しながら仕事に出かけようと、玄関をふさぐ様に袋置いておきながら、素通りした過去が何度も…ある(苦笑)


・お前を抱きたい
・どいてくれたらいいのに 
不覚にも一番笑ってもうたかも
・お尻触りたいな
男性が言ったらただの変態…
だから即行動に出るんでしょうか!?
何も言わず触るのは大丈夫ってこと!?(笑)

とりあえず以上。


社会一般でいうところの下期、10月に突入しました。
シトシト雨も手伝って、急激に涼しくなり…
おかげで不調続きだけど、暑くてウダるよりは全然マシかも。
もしかして伝染しちゃったかもしれないねーちゃんは、調子いかが??
なのに、来なきゃ来ないで不安な年貢の徴収が、お目にかかるどころかお耳にも止まらず、どうしたことか。
肌が乾燥する前にどんどん内側が渇いてきたよ
潤い、欲しい。

この土日は完全に家族との時間で終わりました。
何気に入退院を繰り返していた父親にも、仕事で行き詰っている弟にも会えました。
父は心臓のバイパス手術を経ながら、歩いたり食べたり、自力で生活できるまでには復活していて。
まだまだ健常な状態ではないけど、一時に比べたら顔色も数段良くなった。

何度も暗闇を目の当たりにしたと言います。
でも、生きたいという強い意志があったから、今があるんだと思う。
良い先生に出会えたことも、本当に良かったと思うし。
手術の映像を病院から貰っていて見せてもらったけど(そもそも血がダメでマトモには見れなかったけど)心臓を止めずに手術をするって半端ない。
生きたい生きたいって、必死に動いてました。凄かった。
とはいえ一度傷を作って、手を入れてしまった体は、これからも爆弾を抱えて生きていかなきゃいけない。
その恐怖を想うと、胸を抉られるような想いがします…

心臓と同時に目も患って、かつて年末に東京まで車を走らせてくれた父は、今後おそらく運転が出来ません。
だから今度は私たちが、どこかへ連れて行ってあげないとね。

こんな状態になる前にどうにかできなかったことが、本当に悔しいけど。
支えでありたいと、強く思う。
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 
えーちゃん | URL | 2007-10-02-Tue 00:14 [EDIT]
家族に病人を抱えるというのは
本当に大変だよね。
こうして綴ってくれてちょっと安心。
たまちゃんの大きな愛でたくさんたくさん助けてあげてください。
YOUにはわしらがいるからさぁ~。

10月になっちゃったね。
宴やらな。
写真いっぱい見せられるから覚悟してね(笑)
たま | URL | 2007-10-02-Tue 00:37 [EDIT]
最近「まさか自分が…」ということが起こりすぎて、
次は何があるんだろうと思ったりするけど。
二十数年生きてくると、いろんなことがあるんだなぁと実感してます。
こうして心配させちゃうけど、助けを求めるというより
もっと自分が正面向き合わなきゃと思って書いてみたよ。
でも皆がいてくれると思うと、本当にありがたいです(感涙)

きれいな写真から、水着写真まで(笑)見せてもらわな~!
楽しみにしてまーす。

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。