• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
かの名曲(?笑)『ひとりぼっちのクリスマス』に対抗して。>内輪ウケ

2006年の締めくくり、そして2007年スタートも怒涛のごとく過ぎようとしております
よぎる想いは多々あれど、大阪そして東京を経て、今回はホントに楽しい時間を味わえたなぁと思ってます。
3日で3+1ステージも詰め込んだらさすがに記憶がゴチャ混ぜですが、特に31日の2人は思い出すだけで幸せな気持ちになる。
ラスト、純白の衣装のまま2人手を繋いで、ドラムセットの台からジャンプした画が、今も鮮明に目の奥に焼きついてます
やっぱ2人が楽しんでステージを踏んでる姿を見れることが、何よりのパワーになるんだよ。

ふたりじゃなきゃ作れない空間。
その時々の声、表情、仕草。
改めて、今までこの人たちから貰ってきたものって、半端なかったんだなーって思わされた瞬間ばかりでした。
言葉で表すことほど難しいものはないけど、どうしたって好きなんだろね、KinKi Kids(笑)
他の誰かじゃなくて、2人がいい。


10周年を迎えるにあたって、きっと彼らが思い描いてくれてるビジョンもたくさんあるんだと思う。
そこには当然障害もいっぱいあって、理想通りいかないことも絶対あって。
それはそれで結果として受け止めるしかないのになーとも思う。
ただ、私も時に一瞬の感情に流されやすい人間。
だから最後の最後に剛さんを苛んだ感情は、ゆっくり辿ってみれば全然理解できます(言葉オカシイけど)
声を震わせるほど昂ぶった感情、感情に任せた行動、後姿。
見てたこっちは当然度肝を抜かれたし、きっとあの場所にいた誰もがそうでしょう。
けどステージを降りた後、もっと苦しい状況がつよや光一さんを襲ったんじゃないだろうかと想像すると、その方が辛くもあり。
全然大したことじゃないよって、どっかで前向きに捉えてる部分もあるんだけどさ

いずれにしても。
元旦は光一さんの誕生日会も盛大に行われ、その様子は地上からしっかりと見させていただきました
剛さんからは、客前じゃ言えないようなプレゼントを5個も6個も貰ったって。な~に~?
やっぱ近藤さんとか?(爆)
世界に1枚にしかないイラスト色紙も、年々増えてよかったね、こーちゃん(笑)
またサランラップに包んで保存なんだろうか。
ケーキのイチゴ連続13個?食いもビックリするくらいスゴかった。
あの喉の一体どこに消えていったんだろう…

それにしても、OPで出てきた直後とか踊ってる時は、攻撃的なお顔がメチャクチャかっこええ堂本光一さん。
が、MCになった途端180℃くらい別の顔になるのが本当に楽しかった。
全公演通してそれが確認できただけでも幸せです(笑)
前言どおり、Love is...でウルっときて(歌前の挨拶からヤバかった)雪白の月で決壊させていただきましたよ。

と、振り返りどころは満載なんだけど、なんとなく頭が痛くなってきたので今日のところはやめときます…
てか、頭イタイのって寝すぎのせい?
連日深夜まで起きてたとはいえ、昼過ぎまで寝てる正月って…
今日に至っては完全に体起きたの15時だから(遠い目)
何本も夢みながら…ははは。
風邪未完治で本調子じゃなかった相方も、無事地元に帰せてよかった
今年もハモっていきましょう(笑)

拍手ありがとうございます!
今だけ実際年賀状に使用したフォーム置いてますので、郵便でお届けできない皆様へ。
言うても自画ちゃうよ(笑)
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。