• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : KinKi Kids
Harmony of Winter@12/26 part2。
DATE : 2006-12-29-Fri 01:43 Comment 0
ビールとワインが胃の中でナイス・コラボレーション
その他、ピザにお寿司にチキンに…
打ち上げてからもお仕事してる人多数だったけど(大半がPC持ち帰り)
2006年の業務もひとまず終了しましたー
来年は4日から通常営業です。早いなぁ

とにかく、年末年始がいよいよやってきます。
気持ちはすっかり東京ドーム&キンキキッズ(笑)

ですが、大阪の思い出も忘れないうちに。
12/26@京セラドーム続。


-MC-
iDを発売しました話。
「聴いてねーよコノヤローっていう人!お前がコノヤローだよ」
ハイ、お約束でございます。
「10年…お互い歳食ったな」って、最初剛さんに言ったのかと思ったら客席にだった。
おかげさまで高校生だった自分も、20代後半…
「こうしてみるとほんとに… なんでもないです」
つよは、そんな斬新な光一さんに“んふふふふっ”と笑顔満開。

なんでハー○ルエッセンスの「イエス!イエ~ス!」ってCMが出てきたのか忘れたけど、シャンプーしててあんなにならん、と2人。
関西ローカルのCMネタも話してましたな。
まったくワカランけど「俺それ知らん!」とか、2人が楽しそうだったからいいや(笑)

25日は、関西人はう○こって言ったら笑うか実験した、とつよ。
(彼の中では確実に笑うという結論)
「東京帰って言ったら『なにあのバイキン』ですから」
「もうそろそろ、う○こ言うのキンキキッズ辞めよか?」
つよっさんよりオレの方が言ってる確率高いですけどー、と光一さん。

そこまで言っといて「う○こってなに?」と仕切りなおす人約一名。
「あの白い器みたいのなに?」「便器です」
そこまでキッパリ言われたらスッキリするぜ。
「キミがいつも定期的に跨って…排泄物を宇宙のかなたに飛ばす…」
つよの口から「はいせつぶつ」を聞く日が来るとはな。神様ぁ…

「ちゃんと拭き取ってください」とワケわかめな光一さんのまとめ。
「拭き取る拭き取らないの問題じゃないでしょ(笑)
う○この話はやめてください!(あんたやろ)」
「どうもふいまふぇんでふぃた」
この人たちって、やっぱり似たもの同士なんでしょうか。プププ。

この日も、もうすぐ28ですよって話。
K「でも気持ちは17ですから」
T「17っぽくないよ?」
K「スニーカーだよ?白いスニーカー」
T「スニーカーイコール17っていう考え方がオッサン!」会場笑。
「ジーパンをデニムって言ったら10代じゃないんだよ」

ここからファッション用語の話へ。
K「パンプスってなんやねん。オレに説明をしてくれ、ちゃんと」
T「キミはパンプスを知らないけどチューブトップは知ってましたよね?」
光一さんの生活の中で、チューブトップって単語が出てくるタイミングが知りたい(笑)
ダッカールも知ってたよねぇ?
T「でもTUBEはあんまり知らないですよね」
K「TUBE関係あらへん(笑)」
T「チョコレートは食べてるけどチョコレートケーキは食べれない。でもチョコボは…」

このあたりで剛さんがフと、あることに気がつく。
「しかしキミ近いね!ビックリしたよ!」
「センター寄りどころか、オレ寄りやないか」
うはははは!
言うタイミングも絶妙だったけど、これが本当に近かった。それこそ何十センチの距離でしょう。
光一さんがどんな反応してたか覚えてないのが悲しい

まだまだ続く光一くんのファッション用語のナゾ。
「カットソーは?」彼の思うカットソーは長袖Tシャツ。
(なぜかちょっと「ナガソデティーシャツ」って外人っぽく言ってつよにツッコまれる)
そんな時、突然客席から「ハゲー!」
「オレなんも言うてへんのに『ハゲー』って!」
つよに泣き付くような言い方がちょっとたまらない。
負けじと「ブスッ!!」
「それは言う権利あるよ」みたいな、あくまで冷静な堂本剛。

とにかくファッションのことは、説明しちゃったらキミは成長せえへんから、Rayとか見てくださいって。
光一さんボソっと「そう言って知らんのやろ?」――お、面白い(笑)
ヘンなとこ負けず嫌いなAB型「知ってますよ」
でもアタイも説明しろ言われたら上手く言えん…
要はカット・アンド・ソーン…でしょ?(笑)

絶対来年も「カットソーどんなんやった?」って聞いたら「ソー…ソー…長袖Tシャツ?」ってなる、と。
「お前は知っている人がいると聞くクセがあるから」って悟ってる剛様、なんかツボでした。

そこからツヨシ寸劇スタート。
ボクがシャワーを浴びてる間に本屋に行って(シチュエーションを想像するだけで萌えだが)
「すいません、カットソー特集の…」
「カットソー?えーっと今はちょっと、チラっと載ってるかなぐらいで」
「じゃあそれ、3冊ください」
光一さん「勉強熱心やな(笑)」って笑ってたけど、つよの演じる光一さんはいつも、やたらオトコマエな振る舞いなところがたまらん。

結局こーちゃんは客席に問いかけてみるけど「誰も教えてくれない!話しかけてんのに!」こういうとこカワイイな。
カットソー教祖の信仰は絶対ですからね。

これはなんていうの?と、今度はつよの帽子をターゲットにした光一さん、再び近づく。
「被らせてくれへん?」きゃっはーー!!
「イヤや」
光一さんがそんなん言うなんてめずらしいのに、そんなキッパリ否定しなくてもいいじゃないか…
「命ぐらい大切なんやねんな」
「いや、脱ぎたくないだけ」
あとで楽屋で被らせてあげる、オレ写真撮ったるって言ってましたけど。パソコンのデスクトップにしいや、って。
上手いこと逸らしたな、つよ。
オレ被ったら笑いもんだよなーって光一さん自虐してたが、カブったのは見たかったなー。
カウコンで思いっ切りいこうって剛さん提案してたっけ。
その前に当然コンサートで披露ですよねぇ?

水玉をドットって言い直すつよにも引っかかる光ちゃん。
つよの脳みそはファッショナビリティだからなんだって(笑)
しんどい@下北で古着着たら、メッ……チャ臭かったエピソード。
ハワイとかから入ってきてるから危険と。
で、詳細は言えないんですけどハワイ行ってきて、と。
飛んだそうですよ。
「あっはっはっは」「うぇーい」どんなや(笑)

海は入らなかったけど、つよはプール入ったらメッチャ寒かったらしく。
「ただでさえ風邪引きやすいんやから、そんなところで戦わんでええよ」
光一さんの言葉がさり気なく優しくて泣ける…

Hawaiiエピソード箇条書き(笑)
・ジャグジーにスーパーマリオみたいな人が入ってきた
・おまえこんなん被ってたら踏まれるで
・光一さんはホテルのトレーニングシステムでトレーニング
・悟空が食うてる肉(笑)みたいな腕の外国人がいて、連れのオンナがつよの知り合いの作家にメッチャ似てた
・そしたら「ナニオレノオンナミテンネンボケ」くらい見てきて、殴られるっていうより食べられるんちゃうかと思った>キケン!

・ご飯屋さんで(かな?)ベースとギターが一緒になってるのを演奏してる人を、ものっそい近くで見てたつよ
・マネージャーに「踊りたくなったんちゃう?」
・「辞めとけよ」と光一さん。そういうのほんとアカンらしい
・でも客はメチャメチャ盛り上がってた

・外出て記念写真撮ろうとしてたら、光一が「おしっこしたいなぁ」(笑)
・店に戻ろうとマネージャーに促されたのに「オレもうあそこ戻られへん」
・やっぱ愛しいねvv

と、つよが「ひとつ可愛いエピソードがあるんですよ」と。
その後に彼はトイレ行きたいから別の車でホテルへ戻って、つよはスタッフと流れ星見に出かけてからホテルへ。
帰るなり「どこ言ってたん?」と光一さん。
数名に流れ星見に行ってたときいて「へぇ~じゃあ見てへんのボクだけかぁ」
この言い方がものっそいかわええのだ。
「なに乙女みたいなこと言ってん」
「どの口が言うてん。ビックリしたよ」
でもベランダで見えるかもしれんからって、ベランダで空見上げて。
スタッフ挟んでだけど、3人でベランダ並んでたそうな。
「ま、夢の中で流れ星を見たんですけれども」
え、それは惚気たわけではないですよね?(爆)

とにかく光一さんは買い物も全然行かないしなぁって、ちょっぴりつよっさん寂しそう?
日本じゃなかなか機会ないんだし、海外んときくらい一緒に出かけたらいいのにねぇ。
お節介っすかねぇ?(笑)

とりあえずふたりとも、しきりに今日舌まわらへんなぁ言ってた。
何か舌が回らなくなるようなことでも…ってなんだよ。


2人が喋りすぎた!ってのと同じく、アタイも書きすぎた!!(笑)


♪孤独の街角
♪Black Joke
♪Love is the mirage...
♪futari
♪硝子の少年~僕の背中には羽根がある~Anniversary
-Message-
♪Love is... ~いつもそこに君がいたから~
♪Night+Flight

EC
♪雪白の月
この日はバスの時間が迫ってて、雪白が私のラストナンバーでした。
なーんか音程がふたりとも危なかったな、この日。

Wアンコールってなかったんだっけ?

***

また思い出したら付け足しまっす!
よーし、明日は年賀状書いたら行程日記書くぞー


拍手ありがとうございました☆
>大阪レポ楽しいです~
ほんとですか?途中からテキトー感満載ですいません…
とにかく掻い摘めないくらい、元気な2人だったので。
また好きになって帰ってきましたよ。

>kyamiさん
ね、ムギュってしてたよね!?(興奮)
バックル部分持って腰揺らすのも、クネ~ンクネ~ンと体をしならせるのも、ホントに色っぽくて…
相変わらず魅せてくれますねぇ。
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。