• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
先日は台風上陸してハンパなかったですね
出張中で東京に足止め食った友達もいて、不安な最中お電話もらったのにロクなアドバイスもできず…
翌日無事に帰れたみたいでよかったよー

そんな荒天の翌日、アタイと母親は一泊で箱根へと旅に出ました
おかげで、前週くらいから台風の動向にずーっとビクビクしちゃったよ。
だって1ヶ月以上前から計画してたのにさぁ。
梅雨の雨は仕方ないとして、ピンポイントに台風くるってどういうこと!?
しかも6月の上陸は珍しいっていうし…
でも運よく足早に過ぎてったのは、まさに低気圧女と高気圧女の所業w

で、とりあえず小田急動いてるし行くぜ!ということで、出発。
hakone0
ロマンスカーの展望席、進行方向は発売と同時に席がなくなった…
ので、最後尾の一番前(っていうのか?)を確保。ちょー優雅~
hakone1
台風一過とはこのことで、イヤミなくらい空と緑がキレイな、もうすぐ箱根湯本。


そして到着~。
hakone2
しかし後ろに見える登山電車は脱線で運休、および1号線を通るバスも土砂崩れで運休…
遊ぶどころか、どうやってホテル行けとー!?
と、途方に暮れても始まらないので(こういうとき行動的な親を持ってよかったよ)迂回ルートを見つけてバス乗車。
&全く予定になかった芦ノ湖の海賊船へ乗船することに。
実はこれが貴重な交通手段だった(え)
しかも海賊船降りてすぐ、ホテルの近くまで行く臨時バスが動いたー!
タクシーも覚悟してたのに。
「わたしら持ってる!!」とハモる母娘…
ロープウェイに乗る予定だったのは流れちゃったけど、これを逃したらアカン、と。
あ、やっぱフリーパスは買ったほうが全然お得やね。
路線バス各種・海賊船・登山鉄道・ロープウェイ・ケーブルカーとか乗り放題だし。

ホテル近くのラリック美術館でお茶をして、雑貨とかのんびり眺める優雅なひととき。
当然というのかお客さん少ないし、現実逃避するには最高(笑)
ホテルがまた優雅な空間で、喧騒を本当に忘れられる感じやったな。
中庭の池でカモの親子がのんびり泳いでたり、夜は大浴場に向かう途中、館内ながら水辺があってホタルが乱舞してた!
けどなかなか飛び立たないらしく、ホテルのおばちゃんも驚く。
「ほんと私ら持ってるわぁ!」2度目w
温泉も部屋も広くてキレイだったし、マジ贅沢~

贅沢といえば食事。
hakone3
お肉やわらか!なメインディッシュだけは選んで、その他はビュッフェスタイル。
けど何を食べても全くハズレな品無し!
どうでもいいけど、テーブル担当してくれた兄さんがチュート徳井に激似だったw
オカンがしばらく引き止めて会話してたけど、もう顔見られないくらい可笑しくて。←失礼
喋りながらたまに視線くるとヤバかったw
間違いなく日頃からメッチャ言われとるだろうww

とりあえず、母親の胃袋はどうなってんだ!!
いささか唖然とするくらい、見事な食べっぷりでした…

レストランから部屋へ戻る途中、メッチャちゃんとしたゲーセン発見。
昔ながらの旅館のそれとは訳が違うよ。
太鼓の達人から始まって、UFOキャッチャーに至っては各種10台くらいあった(驚)
で、ビール飲んで気分もよくフラーッと入ると、「あ、これ取れる」と確信。
したらオカンが100円くれたので(笑)ミッキーお持ち帰りしました~w
hakone4
なんで取れるの!?って言われても、取れるのしかやらないもん。

BSで韓国ドラマなんか見ながら、なんやかんや気疲れもしたのか、結構早い時間に寝落ちたなぁ。
翌日の天候にまたビビりつつ…



2日目ー。
前夜のうちに登山電車が動いたのも知って(町役場の放送w)よっしゃー!と起床。
再び優雅な朝食を済ませて出発。
天気はなんとか曇り──の前に気温が低っ!
地元よりは標高低いとはいえ、山は山なのでなかなかの温度感。
でも、ここまで来たら大涌谷まで行ってみたかったので、強羅からケーブルカーへ。
傾斜がすごいね。
そういえば昔、キンキちゃん2人旅の時に、つよっさんだったか車内でソフトクリーム落としてなかった!?w
ちなみに車輌はスイス製だそうな(なに情報)

いよいよ早雲山からロープウェイへ!!
うをーーー予想より全然高い。
hakone7
乗りたいって散々騒いだの自分なのに、いざ乗ったら普通に怖くて、結構笑いが出た。←
でも「こんなんなってたんだー」と覗き込むくらい慣れてはいった。
が、降り立った途端、雨風がとんでもない状態になっていった…やっぱりかー!!
結局ノンキに谷を見る余裕なんて微塵もなく、傘もほとんど役に立たず、数十分で退散ww
まぁ目的は果たせたから満足。

hakone5
この日は無事に登山電車にも乗車。
結構ギリギリな崖っぷちを行くのねぇ。
てかスイッチバック3回もすると、どこをどう走ってるか全く分からなくなるぜぇ。
ちなみに紫陽花もたくさん見れると思いきや、まだちょっと山間部は早かったぜぇ…ちっ。
そんな感じで箱根湯本へ帰還。

あ。着いてあじさい橋を見たら、橋のたもとにドラマか映画の撮影クルーがいて。
なんだろな~?とフラフラ橋を渡ってみると、黒川智花ちゃんと橋爪功さんがいらしたわ。
映りこまないように逃げはしたけど、意外と何も言わず本番回しちゃうんすねw
サスペンスか何かだったのかなー?


というわけで、帰りはロマンスカー先頭の展望席3列目で帰ってきた。
さすがに2人とも非日常を満喫しすぎて、すぐさま眠気に襲われましたけど…
ぼんやりながら立てた、予定コース通りとはいかなかったものの、そんなんもまた醍醐味!って感じで楽しかったなぁ。
あのホテル一泊じゃ勿体無いくらいだわ。また行きたいぜ。


あ、すいません、ただの旅日記を長々と



拍手ありがとうございますっ!!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 
あの時は…
足止めくらった友達(笑) | URL | 2012-06-28-Thu 20:49 [EDIT]
電話に付き合ってくれて、ありがとうでした^^おかげでタクシー列地獄に巻き込まれなかったし(笑)素敵な箱根旅になって良かったね♪遊び疲れて寝ながら帰るのは、満喫した証拠だから(んふ)今度はお泊まり遊びで連絡するからねっ(はあと)
いやー
たま | URL | 2012-06-28-Thu 22:28 [EDIT]
>Sちん(笑)
あの時はほんと大変だったねぇぇ。
最初「え、電話!?」って、どうしたんかとメチャメチャびっくりしたよーー…
実は、もしお泊りするところなければ、うちに来てもらいなよ!って母も言ってたんだ。完全な雑魚寝になったかもだけどw
帰ってからも当然ガッツリお仕事だったんよね?
そんな時にノンキに旅なんて行っててすいません(苦笑)
ほんと、またゆっくり泊まりで遊びに来てーっ!!
ありがたや~。
S | URL | 2012-07-01-Sun 22:04 [EDIT]
まぁまぁ!雑魚寝は大歓迎よ(笑)母上様へ、心配して頂いたお礼よろしくです。

仕事してたよ、、、なんでだろ(苦笑)

でも、それはそれ。
私の件を気にして楽しめなかったら、どうしようかと思っていたから><
楽しめたみたいで良かっわ^^
(*^^)v
たま | URL | 2012-07-02-Mon 23:38 [EDIT]
>Sちん
母含めての雑魚寝はなかなかしんどいぜぇ?w
でもあの時はほんと、こっちまで来るのも難しいような状態だったもんね。
ほんとお宿が取れただけでもよかったなーと思って。

そっか。あれで帰ってすぐお仕事・・・なんて世知辛いのかしら(溜息)
おかげさまで、ご覧のとおり私らはマイペース旅をして来れたけども。
なんだか、また旅にでも行きたいねぇ。
Sちんとのピロートークが懐かしい今日この頃w
フフ★
S | URL | 2012-07-04-Wed 18:57 [EDIT]
ながーくユルーいピロートーク(笑)
ユルさなら、某きっずといい勝負だよねぇ。

久しぶりにしたいわ~。
うんうん
たま | URL | 2012-07-05-Thu 00:59 [EDIT]
ユルさなら全然負けないよねw
ふわーっと喋りながら、そのまま夜が明けたりするしね(笑)
またの機会にぜひ★

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。