• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
観に行きたいなーとは思いながらも、他の予定があって諦めてた東京マラソン2012。
───が!
その予定がちょっと前になくなって、ぽっかりと空いたのです、26日……
んな話を会社でしてたら、同じ課のSちゃんが絆されて(笑)付き合うよ!と言ってくれて。
更に出場する会社の2人からも「応援きてよー!」なんて言われたら、ねぇ。
い、行くしかないやん!!ww

もっとも、春日さんがヒルナンデス水曜代表で走ると発表された時に、やっと東京マラソンというイベントを意識したくらい浅かったけども
そして番組から出るってことは、ゴールに相方さんが居るとか考えられるよねぇ…
とか、そんな動機はさておき(笑)
TOKYO MARATHON
いざ行くとなったら、本気と書いてマジと読む
会社の、フルマラソン15回目という鉄人な姉さんの助言を受けて、前日鳴り物を購入しにダイ○ーまで自転車を走らせた
駅周辺じゃ売ってなかったのよ、こういうやつー。
narimono

観戦場所はコースマップ広げながらあーだこーだ考えた結果、銀座~浅草界隈は間違いなく混むので真っ先に却下。
とりあえずゴールの有明には最終的に向かいたかったので、ひとまず15km折り返しの品川駅に10時(なかなか早い 笑)
駅周辺はさすがにこの人だかりだったぜ。
15km
ただ第一京浜を1.5kmくらい歩くと、沿道の人もまばらになって、ガードレールから身を乗り出して応援できたり。
逆に、人が少なくて歓声が薄かったのもあり、後々スター(え)が通ったのに気付かないという哀しい事態を生んだけど…

中継とかWSとかメディアでも取り上げてたように、ランナーのいろんなコスプレがおもしろくて、しかも既に16km以上走ってるのに「ありがとー!」って笑顔でハイタッチしてくれるのが嬉しかったー!
こっちが物凄いパワーをもらいました
十字架を背負ったリアルなキリストが通った時には、さすがに「あの人は自分に何を科してるんだろうねぇ…」って笑ったけども。
手のひらにカウンターつけてた、ウェディング衣装なカップルにもタッチできた!
最終的に8811カウントとかになったみたいで、凄いわーと思う前に、手やら腕やら痛かっただろうなぁと思わずにいられないww
4月に本当にご結婚するんだそうで。おめでとうございます
吊革持ってたスーツのサラリーマンも、地味に腕しんどそうだったなぁww

五輪争いの方々がとっくにゴールしたくらいの頃、ちょくちょく連絡取ってた会社のふたりが来たー!!
まだ写真撮る余裕あるくらい元気で、当然キャッキャと盛り上がる女たち。
まさかその背後を、他でもない春日さんとポン村上さんが通り過ぎたとは、全く気が付かず…
本当に周囲が静かだったのよー(笑)
後で公式サイトのランナーアップデート(ラップタイムとかわかるやつ)見たら、まさにその頃で……オーマイ!!
どおりでその後、待てど暮らせど来ない訳だよ(苦笑)

ちなみに我が家杉山氏は電話しながら通り過ぎ、あだっちーこと足立さんは、遠かったのに呼んだら声が届いてスマイルくれた
かわいかったー!
二人とも関門に間に合わず、残念ながらリタイアにはなっちゃったけど、本当がんばってました。

で、気がつけば沿道に立つこと2時間。
ランナーがいなくなった途端、体が芯から冷えきってることに気付くw
暖かいカフェでお昼を食べながら『今度こそ見なきゃピンクタイツ』作戦会議(笑)

当然ゴールにいれば、あわよくば若さまも!?なんていう邪な気持ちもありながら、近づけば近づくほどギャラリーが増えるのは確実だったから、あえて2kmちょい手前の沿道まで逆行。
そしたらもう、予定どおり人も少なくて、道幅狭いからランナーとの距離も近かった!
泣きそうな女性とか、俯きがちな様子の方が多かったけど、最後の力を振り絞って脚を前に出してる姿は、ほんと素晴らしかったです

懸命に声援を送ってたら、数人のスタッフに囲まれながらとうとうポンさんが来たー!
「村上さん頑張れー!」って目一杯叫びつつも、内心で春日さんはどこ!?とソワソワしたけどww
更に、練習でも本意気だった三卜アナウンサーが大差なく来た!
しかもお名前呼んだら手ぇ振ってくれて、色白なお顔が一瞬綻んだのがきゅんとしたわー
どうでもいいけど、アタイの叫び声は相当通るらしく、Sちゃんに感心されたけど…喜んで良いんだか何なんだかww
そういう時って、急に周りが見えなくなるんだよなぁ。
……どこかから座長の声が聞こえてきそうだけど(笑)

途中ではぐれたらしい職場の二人にも両方会えたし、残すはオードリー春日……キターー!!
え?なんか背中に背負ってる…?
まさか背中にトゥースって貼られた全身ピンクタイツから、水曜メンバーのパネル背負ったスタイルに変わってるとはww
けど脚を引きずりながら、しんどそうな顔で前に進む姿は、すでに芸人じゃなくて。
背中に、にこやかな若さま背負ってる状況が、感動さえしたなぁ。
おかげで目の前に来た時は、狂ったように叫んでしまった…
必死すぎて痛いくらいに(笑)
無駄にシュッとした横顔(無駄に言うな)忘れられねーぜww

そのまま沿道で応援を続けていたので、春日さんゴールした瞬間は見られなかったけど、まさか相方が待ってたなんてー!!
観戦途中から、他の仕事で来ないだろうなぁとか、パネルは来れない代わりだとか、変な推測をしてたばっかりに油断したww
でも後でゴールへ向かった際、容易に近づけない場所ではあったからなー。
と強がりながら、帰って中継見返して、人知れず悔し涙でしたわ(笑)
若さま、パネルを当てられながらも、春日さんの肩にポンッと手をかけて、労いの言葉かけたりしてんだもーん。
くーっ、そんなん見たかったぁ!!ww

そんなフィニッシュ地点。
FINISH

私たちも、見事5時間台で完走した2人を労うために、牛歩のごとくビッグサイト(でかい控え室だw)から出てきた姉さん達をお出迎え。
ひとりは小学2年の娘がいるママで、ご主人と娘ちゃんも合流したので、皆で完走おめでとう夕食会@中村孝明の店。
途端、テーブルの中心は小2の美少女←
子役になれそうなくらい可愛いのに、誰の頼みでもないのに変顔ばっかしてるし。
トゥースみたぁ?って聞いたら、みたよってトゥースした上に、ちゃんとハーッて締めてたのが可愛すぎた。メロメロや
そんな楽しい時間も、最初からクタクタな会なのであっという間におしまいとなりました~


というわけで、初めての東京マラソン観戦でしたが、めちゃめちゃ楽しい時間になりました!
出来るならスタッフもやってみたいねぇ、なんてSちゃんと新たな構想まで話してますww
みなさん本当にお疲れさまでした!!

あ、ちなみに走った姉さんの万歩計は89000歩くらいだったって。桁が違いすぎる…
ただ見てた私らも16000以上だけどww



拍手ありがとうございました!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。