• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
気ぃ抜くとすぐお久しぶり子になってもうて、その間にもいろんな事が起こりすぎる
しかも暗くなるような話ばっかりで、一体どうしようかと思ってたけど……

お、おやつカンパニーさまーーー!!!
ラーメン丸@友情篇、サイトで見させていただきましたけども。
ななな、なんじゃそのシチュエーションはーーーー

どうしたんですか!なんで負傷してんですか光一さん!
とにかく息も絶え絶えな光一さんの身体を、叫びながら抱き上げる剛さん。
まるでコウイチが消えてしまうその時のようなw
その瞳からポロリと零れ落ちる、輝くダイヤのような一粒の涙がラーメン丸に光を──
グリム童話か!>こら
と思えば、背後でボーボー燃えてた建物は、更にド派手な大爆発。
爆風に煽られて一層ぎゅーっとする剛さん…
またもやデジャヴな感じですねww

と、わずか15秒の中で、いろんなものを掻き立てられますた
GJです!!


おまけに今日は山本寛斎氏のスペクタクルショー(!)「七人の侍」に光一さんが主演するっちゅー、まさかのまさかず話が飛んできて、月曜の朝から遅刻しそうでした
…多分ですけど、普通の舞台を想像して行ったら──たぶんちょっと違うと思う(笑)
以前なぜかどうしてか観に行った、「アボルダージュ」って寛斎プロデュースのショーを思い出す限り、ですけど。
あ、その後TOKIO松岡氏もやってたっけ?
とにかくドッカンドッカン火柱・水柱は上がるわ、人はクルックル回りながら宙吊りになるわ、って感じでしたから
6年くらい経っても薄っすら光景が思い出せる程に。
参考文献(笑)
あーでも、かつての要素を残してるとすれば、光一さんに白羽の矢が立つのは何となく頷ける気もしますわ。

11月か。
出来ることなら参加したい催しですねぇ(にや)
ていうか、ついでじゃないけど、もう秋冬の予定を出してくれても良いっすよ!!??
気分だけでもこの酷暑から抜け出したくて仕方ないっす…

ポツリとつぶやいてもみたけど、BPMも週末ようやく手に入れて。
それでも結局、なんだかんだ1回通して聴けたくらいか?
いや、たった1度だけでコレほどまでにガッツリ掴まれるとは……
なんでこんなツボをついた楽曲作れんだろう?と、ちょっと自分にも才能分けて欲しいわ、と、本気で首を捻った今日この頃w

楽曲それぞれに好きなフレーズとかあるけど、とりわけ『暁』に関しては、イントロ頭の部分だけでブワーッと洪水が……
しかも歌声が他の楽曲にも増してやわらかいというか、儚いというか。
これでまた、光一さんの和モノに対するレベルが上がったっす。
いつかこんなんをキンキさん2人の声で聴いてみたいなぁ。
ツアーで見たら絶対泣くなぁ…泣くよなぁ。今から断言できるわー(迷惑)

DVDは、完全にパンくん溺愛な光一さん目当てで、バックステージ中心に見た感じだけど、伝説の「つよし」コールは見たよw
あの時の自分らの反応を思い出して大笑いっす
とにかくまだ全然BPM網羅できてないんで、徐々に取り入れていこうと思っとります。


思えばプロモーションも、それぞれにいろんな意味での新鮮さがあってオモロかったな。
帰れま10然り、キョショーとの楽しげな“ふわとろ”もよかったし。
パンちゃんとのジャレ合いは相変わらず萌えぇだったり。
ただもっと大々的にご自宅を覗き見(笑)たかなったなぁ…という昨夜のおしゃれイズム
あのラグ&フローリーングの板目だけで、狭小スペースでないことは分かるけどもw

しっかし、どの番組振り返っても光一さんの白さが際立ってたなぁ
色白という表現が正しいのか、血の気の問題なのかw



なんやかんや、先週メチャメチャ盛り上がった高円寺阿波踊り。
(アノ時は恐ろしいほど平和だったんだけどなぁ…)
そのうち気が向いたらご紹介したいっす


拍手ありがとうございました!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。