• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
兄弟@HALCALI。

「黙って観てろ」
フゥ~~
巨匠の映画鑑賞に際する心構え(?)ひじょーに痺れました
なんか久々じゃね?兄弟であのくらいのピシャとした感じ。
そうですイイんです。
他でもない光一さんに言われたら、食い気味くらいで「失礼しました~」って引き取っちゃうよw

YUCALIちゃんの打ち解け度バロメーター。
キンキさん二人揃ってちょうど100%なのは、そういう計算なん??
あ、正確にはパンちゃんが1割を占めてるわけだけどもw

ていうか「階段から落ちてた」って、SHOCKの映像見るまで、ほんとにどっかの階段から落ちたのかと思った愚かなアタイをお許しください…
「それ仕事仕事」つよっさんに間髪入れずに言われちゃうよ。
必死に太鼓を叩く姿が萌え~なのは、常々言ってるとおりですネ。ハイ。
万人に代わって本人に伝えてくれてありがとう(笑)

護身術の実演には、一旦丁重にお断りするも
「光一くんのちょっと見たい」
と剛さんに乗っけられたら、あらそう?くらいでやってしまう光一さん。
動揺してしまったよとハニカミつつも、ちゃんと対応するなんて、光ちゃんもほんと大人になって。ねぇ。>誰
それにしてもソファーで眺めてる剛さんの体勢すごっ!
夏は女性が薄着になってイイと鼓舞するメンズがいるように、気付けば開放的な剛さんの胸元に目が行ってしまう、短絡的な自分がいる

そしてメインイベント?iPhoneアプリ対決。
の前に、ぜひこーいちさんへツイッターを教えて差しあげて下さいな!
世間に蔓延っているtマークを!つよしの「t」を!!(違)
リアルに端末へ向かってつぶやくもんだと思う彼が、恐ろしくいとおしかったデス。

あぁ、逸れたけど、25コの数字を21秒かかって押す剛さんも愛し。
相変わらず指先かわええなーと思ってたら
「あれ、わからへん。んふふー」
聴こえてくる声は無自覚か否か
前者だったら、やっぱ可愛すぎるって話で。ああいう時って素が出るもんだしねぇ

で、つよっさんの結果を見るや、ニヤリとしたメインMC。
「剛には負けへんで。俺勝ったらお前なんかやれよ」
なによ?なんかやれって。
光一さん結構いけるクチかと思いきや、途中ちょっとモタついた??
けど、罰ゲームを宣告されてるはずの相方から何故か、あきらめんな!あきらめんな!ってエール飛ぶしw
メッチャ早い!早い!って称えられるし。

それもそのハズ、なんやかんやネタ用意してるやん剛さん。
んで、実際の映像見たことあろうがなかろうが、誰より笑っている光一さん。
いつもの、あのフレーズが聞こえてきそうでしたな。
「…アレ?おれが一番笑ってる?」ってww



つかの間の休みもダラダラと過ぎて、また月曜になってしまった…
先週はとりあえず気丈に頑張ってたけど、さすがにココんとこ一番なくらいハードでしたわ。
♪Hard to say I love you~ >コラ
そして今は、一日中メガネを掛けて生活してたせいか(最近仕事中かけてない)ずっと胸のへんが気持ちわるい…
コレ↓だけテレビでオードリー見続ければ当たり前か……


10:00 笑っていいとも!増刊号
11:45 スクール革命
15:00 密室謎解きバラエティーDERO!特別編
16:25 なるほどハイスクール(若)
17:30 笑点
21:00 行列のできる法律相談所
22:56 ガキの使い

そして堂本兄弟、と。

久しぶりに笑点で漫才見たら、ちょっと感慨深いものがあったぜ
改めて、若さまの喋り調子は落語からきてんだなーって実感したり。
お互いに「ありがとう」「こちらこそ」って頭下げるくだりが出来てて、えへへへへーに続く仲良し漫才でございましたww
正直、もっとネタ見れる番組が欲しいなぁ。


あーーー
いよいよKちゃんと働くのも、今日が最後だ……
でも、泣かないと決めた日


拍手ありがとうございました!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。