• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
あれからもう4日か……
考えてみれば、わたしが腑抜けになってる間も、光一さんはまた新たなステージ踏んで回を重ねてるんだよな。
そう思うと、なんかほんと頭が下がりまっすわ

とにかくマイペースに感想書いてます。ダラダラっす。
ネタバレって程のもんじゃないけど、一応↓に。


@オーバーチュア
フライングはほとんど頭上~後方で繰り広げられるので、なんか申し訳程度にしか見れてない感じ。
靴の裏と靴下は見放題だったww


@バックステージ
ステージを右へ左へ移動するコウイチをとにかく追っかけ。
そんな自分同様、コウイチがグルグル腰回してんのを、食い入るように見ながら何か言ってたマチダさん(笑)
『Yes,my dream』スキダーー
オーナーと椅子に座って、アイコンタクト取りながらのハモりが好き♪


@屋上
ちょっと距離が遠ざかったのをいいことに、毎度おなじみ「Off Theatre」のせり上がりにニヤける。
昨シーズンはオーナー発信のアドリブが続々放出してたけど、今回はどうなんだろ?と思って見てました。
するとオーナー、酔っ払い状態で後ろからコウイチに抱きつき(リカ状態)「ずっとココにいてくれる?」「ちょっと!」だか何だか言いながらキャッキャしてたw
オーナーが隙を見せた瞬間に逃げ出して、また捕まったりするコウイチの笑顔がかわいすぎ!
「余計な体力使わせないでください(笑)」


@ブロードウェイ
やっぱりこのシーンは、ニコニコと楽しそうに踊る光一さんが印象的っす。
♪花も咲き乱れ~ のとこカワイイよねぇ。
ナオキのパーカスにあわせて、突然「♪ララララーラー」「そのメロディ素敵vv」って歌い出すのは、若干まだ慣れないっすけど…

オンに行く行かないの話になって、ガラっとムードの変わるカンパニー。
なんだかんだ揺らいでるようなコウイチの表情がリアルでした。


@ワールドアドベンチャー
キラッキラな光一さんが再び目の前に登場。
なんだか、夢でも見てるかのような気分になりました。
ジャングルの生着替えがダンサーによって本当に見えなかったのは残念だけど、それもこれもこの位置がそうさせんだよなぁと思ったら我慢できた(笑)
とにかくスモークが視界を完全に奪ってしまったので、頭に浴びてその場をやり過ごしw
と思ってると、その中からコウイチがブワーっと飛び出してくるので注意です。
ダンス変更されてたけど、噂どおりほんと激しくてビックリしやした!圧倒。
そいえば、振り回す棒(笑)の先端から花火が出た瞬間、ちょっと温度の変化を感じたかも?

リカとオーナーのタップもカワイく過ぎたと思えば、ボルサリーノ姿のコウイチが!!
オーナーにガックリと頭を垂れる背中が、ひじょーにコミカル。
と、一瞬気を緩ませておいて───新曲半端なかったーー!!
シルエットだけでもう、かっこいいかっこいいかっこいい…
勿論、歌い踊りだしてもかっちょよかった。
歌中にヤラさんがスタッフと揉めてて、それを見るリカ、フォローするコウイチの流れもキレイだったし。

そして最後、ピストル手にしてどうするのかと見守ったら、まさか自らの頭を!!
ぎゃぼーーー!!!その表情までメチャクチャ男前。
この曲を見た時に、この席ってホント神なんじゃね?と改めて思ったのでした…
♪れっみふぃ れっみしぃ


バックステージ、光一さんが黒のタンクトップじゃなくなったというのはお聞きしておりました。
それでもヤラの胸倉を掴む場面は残ってるだけに、ちょっとサミシイ気もしたけど、まぁ仕方ないかね。
そっかー、ジャパネスクってほんとはハッピーエンドの予定だったんだ(涙)
前向き且つさり気なくコウイチが言うだけで、切なく深くなるんだなぁと思いましたわ。


@ジャパネスク
最前列に座らせてもらって、中でも期待大だったのが、やはりココからの一連。
目の前で繰り広げられる殺陣の数々に、ドキドキメーターは振り切れっぱなし(汗)
ダンサーがズザザーッとステージはみ出して来たときは、さすがに上体が後ろに反れましたよ…
あービックリしたぁ。
そこから先へ落ちてこないことはわかってんだけど、ビックリした。
と、暫くしたら今度は死に損なってる光一さん(笑)が目の前でドサッと腹ばいに──
ひぃーーーっ!!
すぐそこに顔があった……オーマイ。
一瞬の出来事でキョトンとしてたら、いよいよ階段を駆け上がり、斬られ、転がり落ちる光一さん。
ズルズルとこちらへ這ってくる。
顔を血で真っ赤に染めながら、光一さんが這ってくる…!!!
あの景色は、そうそう忘れられそうもありません。
奈落へ沈みながら、唇では懸命に何かを訴えてるけど、それはもう誰にも届くことはない──…
コウイチーーッ!!!


そしてトイレ休憩になりました(おい)



とりあえず一幕までを振り返ってみましたが。
やっぱり一晩じゃ最後まではムリか
地道に書いてみたいと思います(汗)


拍手ありがとうございます!!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント
| | 2010-03-06-Sat 11:30 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。