• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
さてさてさて。
連休明けしんどいっすねぇ~~
でも何となくずっとヘラヘラ、仕事も頑張れちゃってるような気もします。
紛れもなくキンキさんのせい!というか、おかげですな。
今となっては、まだまだ見足りない気持ちでいっぱいだわ

せっかくなんでtour Jを振り返ってみたいと思って、記憶を年末まで戻そうかと───…
細かいコトじぇんじぇん覚えてにゃい
ので、せめてセットリストだけでも残しておくか。
そして文字は徐々に増えていく……いくのかな!!??
一応1/11基準デス。



♪Secret Code
曲順も何も知らず挑んだ当初、思わず「うっそ」と呟いた意外なOPでした。

前述どおり11日は視界がありえない状態だったんで、最初からモニターばっか見てた訳だけど、剛さんがアップで抜かれた瞬間「きゃーー!!」っていうか「ぎぃゃぁぁーーー!!」みたいに叫んでました…
おヒゲがないという情報はいただいてたものの、あそこまで効果大かよ!
おかげで初っ端いきなり喉を潰しました(あほ)
しばらくボソボソとお隣の耳元で「かわいい…かわいい…」と繰り返す始末。
あぁ、出来るなら東京でもトゥルトゥルな剛さんにお会いしたかった……

そしてそのお顔を縁取ったふわっふわな耳あて!
左右でちょっと付ける位置をズラしてる小技もスゲー!

一方、こちらも耳周りのお髪が少々短くなって光一さん。
最初からすんごいお顔攻めてんなーと思いましたわ。とにかく男前
やっぱKinKi揃うと最強っす。


♪Destination
改めて考えると、これも割りと意外だったなぁという印象。
ファンキーにダンシン♪


♪銀色 暗号
キンキ的合作キターー
この曲でしか使われなかった、電飾ついたエレベーター式のリフター…トロッコ……説明難しっ!
とにかく左右それに乗りながら、ものすごい高いところからお届け。
「堕ちて…堕ちてく…」でエレベーターが下がっていくという、なんとも小憎い演出にドヨメキ。


♪Harmony of December
別々のトロッコで外周を回り、バックネット前で少し擦れ違ってから(止まってたっけ?)

 ♪君とふたり…uh~

むむむ、向かい合ってタイミング合わせてるで!あの2人ーーーっ!!
今まで願うも叶わなかったコトが、現実に起こっている…
たまらんぜっ!!
と、声を大にせずにはいられない。
スワンソングで向かい合い解禁でもなったんでしょうか(笑)
今後もどんどん取り入れていただければありがたい。

序盤からこの流れを投入してくるあたり、掴みとでも言いましょうかw


♪Night+Flight
この曲流れると、どうしてもエンディングっぽいー!
なんて言いつつトロッコでメインステへ戻りながらだったために、通過していく二人を見ることに精一杯で…
ぶっちゃけこの曲あったことすら忘れそうだった


-MC-
いつしか、剛さんのモフモフ耳あてはお首へ移動しておりました。
光一さん曰く、耳毛から首毛へ(笑)
なーんて言ってたら、剛さんおもむろに外して、光一さんへ装着ーー!!
嫌がるかと思いきや──なすがまま☆
「かわいいーー!!」という賛辞の声と、「あはははー!」ってな笑い声と、その他もろもろ。
え、アタイ?なんだかんだ「かわい~」言うてましたww
お顔がちっさいから、なんともいえないバランスでしたねー
でも剛さんは「あり」って言ってたんだっけ??
肝心なとこ忘れてる……

そんな頃、モフモフを装着したまま、気持ちよさそに触る光一さん。
外してムツゴロウよろしく撫で回し。
しかし剛さんへお返しするときだったか、一瞬自分の耳を疑ったけども…
光一さん「かわいい触り心地」的なこと言った!?アタイの思い違い!?


♪宝石をちりばめて
つなぎの映像が非常に好きで、毎回凝視してましたねー
スモークの中でキメてる男子諸君(笑)エロかっこよかったわぁw

いろんな振付を想像した曲ではあったけど、最初の印象としては意外とユルかったなーって感じ?
でも回を重ねる程クセになってました
12/31はほとんど正面から見れたんで、特にカッコよかったなーと。
サイドから見るとちょっとオモシロ&かわいい動きではあるね。
そいえば31日だったか、テンション上がりすぎて(上がる要因は多々 笑)たかこはんと部屋までの路地で踊ってみたり、ベッド入ってからも寝ながら踊ってみたり


♪walk on…
↑の余韻を残したまま、更にセンターステージ奥へと引っ込み。
この曲こそサイドスタンドからだと殆ど死角になっちゃったんで、正面から見えた時は凝視したなぁ。
でっかいミラーボールのおかげで、お顔の映りが違って見えたのが面白かったっす。
とにかく涼しい顔してパフォーマンスする2人好き~素敵~
そうだよねー。Aメロの3連譜、歌いにくいよねぇ(笑)


♪深紅の花
当初スケステでバンドごと移動してたことに気付かず、あやっぷが「後ろも動いてるしw」って言うんで、見たらちょっと笑ってもうた。
数あるc/wの中で、コレ持ってきたかーって感じはしたけど、なんかよかったなぁ。
ていうかドーム中程まで来た時、剛さんの腰が想像以上にクネっててビックリしましたわよ。
しかもそれをしっかり認識したのが、下から見上げるような位置の12/31だったために、余計ウヒャー!っとなりましたわ。
本能的に「腰ッ!!」と叫んだのを覚えております。ははは…


♪I will
イントロの指パッチンに、毎回♪君だけに と要らん反応をしていた私ら3人でしたが(笑)
ここまでの流れをガラッと変える、とてもイイ雰囲気の曲でしたねー
ぶわーーって舞う羽根を、剛さんがそっと捕まえた時はキュンとしましたわ
そして最後の♪ずっと守る~ で見つめ合いながらのハモリが最高!
見つめ合いながら、その詞て!とベタなツッコミをしたりしなかったりw

コーラスで少々上擦っちゃってたカレが残念…


♪Missing
メインステージに戻ってきて、お待たせしました!なコチラ。
やっぱり大合唱キターー
英詞曲ってお客そんに歌わせるのがお約束なんでしょうかねw

んで本当のキッズ(笑)がわらわらとステージにいました、気付いたら。>どんだけキンキだけ見てんだ
各々違うポーズでストップモーションしてんのを、いじくり倒してましたねー先輩w
そのうち「この子は仙台でしょ?」って、各地の隠し子設定になってみたり。何を言うてますのん(爆)

そいえば東京初日だったかぁ?
腕を横に上げた状態で止まってた子を、剛さんが「○○のココ、空いてますよ」ってイジった時に、きゃあ!って言ったのは紛れもなくワタシですw
カウコン用の歌録りでB.I.Shadow出てきた時も、あやっぷから「地先生いるよ!」って教えてもらって、過剰反応したり…なんでやねん
けど事務所入って半年で紅白までって、すんげー出世コースだな。
(わかる方だけわかってください ぷ)


-MC-
東京はヒジョーにまったりしたMC。
そのせいか大阪ラストは、すべるすべらないっていう若手芸人的なノリを余計に感じたかも。
一瞬すんげーシーンとした時あったの、何だったっけ?(笑)
ドームってあんな水を打ったように静かになるもんなんだ、と要らん感心しましたわ。

イスに座ってからのトークが結構好きだったりするけど、オーラスはその回転を借りて遊びが始まったり。
光一さんの占い(客側向いて止まったら幸運)かわいいじゃねーかw
剛さんも「なんでそんな乙女な」と笑ってらっしゃいましたが、「じゃあ僕も」って回り始めた時は、多分ドーム中が「やるんかい!」ってツッコんだよw
結果──ふたりとも内側向きー!
つよに至ってはガッツリ光一さん向き
当然私たちは盛り上がりますが、誰よりあの二人が盛り上がってたんじゃないかとww
にっこにこだったなー、ホント。

というわけで、今年も向かい合いなふたりを楽しみにしてますからー!


♪つばさ -little wing-
うまいこと回転してくれたイス(笑)に座りながら、しっとりとした空間。
今回のアルバムの中ではダントツ淡白な印象の曲ではあったけど、ふたりの抜けるような伸びやかな声に、毎回聴き入っちゃいました。
続く足音へのつなぎとしては、この上ない感じ。


♪足音
思い出すだけで泣けてくるくらい、この曲はホントに心揺さぶられましたな。
あの壮絶さは、やっぱCDだけじゃなかなか味わえないっす。
一公演で3回くらい聴きたいって思ったもん(笑)
たかこ&あやっぷとも話してたけど、転調からが特にグワーッと持ってかれるというか。
毎回、無意識で涙があふれてまいりやした…
歌ってこんなに感動を与えてくれるもんなのか!!スゲーなキンキキッズ…
LEDの演出もヤバかったよーーー…最高でした。


♪風のソネット
屋良さんが一人で舞い始めたら、さすがに「しょしょしょ、しょっく!?」と思わずにはいられなかったけどw
隣から「ヤラがショーを続けている…?」って聴こえてきて吹き出しましたけどww
それを差し置いても(置くな)メッチャ高所からお届けのこの曲も、素晴らしい声の波が押し寄せてきましたね。
たった十数行の楽曲を、あれだけの大曲にしちゃうスゴさったら……


♪硝子の少年
ソネットを歌い終えて、リフトダウン。
これはもう、お約束でございますねー
ふたりが一段と煌びやかに思える瞬間だったりもします
で、毎回その瞬間を期待するけど、剛さんほど歩道の空き缶を高らかに蹴っ飛ばせる人はいないんじゃw
どんだけ股関節やらかいんすか。


♪愛されるより 愛したい
「れすきゅみー…」って、ユルめな振り付けが印象的だったな。
なんていうんですかね、あのパントマイム的な動き。


♪雨のMelody
思い返してみると、スワンソングを前にソワソワしちゃって、逆にどんなんだったか覚えてない一曲…
31日なんて「(スケステの高さ)下がれ!下がれ!!」って騒いでて、まー酷かった(笑)
そして本当に下がってイヤァーーッ!!と歓喜の悲鳴。


♪スワンソング


EC
♪愛について
♪憂鬱と虹

W-EC
♪DISTANCE
♪あの娘はSo Fine

TR-EC
♪たよりにしてまっせ×2


明晩から、17日に弟が引越し完了するまで、まーた騒がしい方がいらっしゃる…
アタイもマイカーで都内まで出て、泊まりながら荷物運んだりなんだり
疲れそうだなぁ…
あ、でもANN聴けるかも!でっかいテレビで見たい番組あるし!>ゲンキン
J albumガンガン鳴らしながらドライビングよ

──俄然テンション変わってきたw


拍手ありがとうございました!!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。