• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
光一さんのシングル詳細が明らかになって、うひょーっ!とした、金曜日。

妖~あやかし~』 7.29 ON SALE!!

わ、わ、和!?
瞬時に思い浮かんだのは、やっぱり得意分野の和モノですわね
“あやかし”って字で思い浮かんだアナタもいたけどもw
妖しいって、色気があってなまめかしいとかそんなイメージやし、はたまた妖怪の妖だし、もののけとか…
「あやかし」として調べると、男の怨霊を表す面、とも書いてあったり。能面!?

う-わーー 
どんな曲で、どんな演出で、どんなPVなんやろ?
なんか着流しちゃったりするんだろうか。
今から気になりまくりんぐ
アレンジして録り直したっちゅー2009な2曲も然り。

そして「Koichi’s Photo of Attractive Nature」という名の、プライベートショット
こういう媒体では良くありそうな企画ですけども、光一さんのプライベートて!?撮ってもええの!?(あほ)
CDが3枚におよぶってのが、毎度してやられてる感はあるけども、とにかく楽しみになってまいりました
少クラでもスペシャルショー??
今月OAしてくれちゃってもいいくらいだぞーー!!(笑)
妖に舞い踊って下さるのを楽しみにしておりまする。


一方の剛さんは、エコうた@春日大社。
日頃見慣れないNHKの、しかも歌番組ってちょっとソワソワしますな。
春日大社の鮮やかな朱色をバックに、蝶ネクタイな男の子(男性ってか男の子)が「七五三は~」って喋ってる姿が、妙に滑稽だった最初の印象w
でも宮司さんと対談してるときの、お互い真っ白ないでたちは、光りを放って神々しくも見えましたなぁ
ものすごい暑そうでしたけども。

にしても、剛 紫じゃなくて堂本剛として『ソメイヨシノ』を歌い始めたとき、自分的にあんま予想してなかったので、涙腺が……よわし
東儀さんとの共演は予想的中だったけどなww
そして、緑深い池の水面の浮舞台に響く『空』。
これもまたすばらしいじゃないかぁ>誰?


こうやって考えると、二人揃って和テイストを出してみるのもステキなんだろうなぁー…
と、理想だけが増えていく夜
ていうか、ふたりともソロシングルが一文字タイトル(そして“~”)なだけで、お揃いっぽいって喜ぶのは安易すぎ?(薄笑)

堂本兄弟ないのは、やっぱりサミシイっすね…


梅雨で仕方ないとはいえ、なんとも蒸し暑いやねぇ…
昼間は涼しかったのになぁ。
とにかくこの部屋自体、3階なのにやたら暑くなるわけで。
マンション出たら意外に涼しい、なんてよくあることだし
そこで今、冷凍庫に入っとった保冷剤をスカーフで包んで、首に巻いております。
あとは扇風機にたよる、プチエコロジー
でもこの時期こんな感じだと、あと1ヶ月もしたらどうなってるんだろう~~
考えただけでおぞましいわい。
気温も沸点みたいに、たとえば30度までいったら、それ以上あがらないとかならいいのに

そんな中で、会社の人から本を借りたんで、久しぶりにじっくり読書とかしてみたり。
3行読んだら眠くなるかなぁとか思ったけど(笑)ハマると結構進むもんで、一晩二晩で読んでしまった。
広告代理店の営業マンが主人公で、やけに描写細かいなぁと感心してたら、著者が電通勤務だった人だったという、そら詳しいわ!という話
上巻だったから、続きが気になって仕方ないよぅ。
しかし続きが見つからないらしい…そんなぁーー…

でもたまにはガッツリ活字読むのもいいもんだww
なにかオススメの本があったらおしえてくだせぇ


拍手ありがとうございましたー!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。