• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
なぜ今、YELLOW YELLOW HAPPY…
そしてなんで光一さんがあんなヨイショしなアカンのやろ
正直世間はつよっさんの反応に近いように思…(ごふっ)

私的には、オレンジのなんだかよくわかんない被り物で、この時期二の腕全開で腕組みながら「ふ~ん」みたいな、小賢しいキャラ(こら)はニタニタ見てしまう
そのくせ、「自分でもコレなんなのかよくわかってないです」とかいう、急な客観視も好きだけどw
しじみのくだりでボソッと「鉄分あるけどねー」とか。ぷぷ

あと、光一さんのツアーエピソード@シャワー編が追加されて嬉しいっす
予想外のボディシャワーに「ヌゥーーンッ!」て!
その報告の大半が、唯一現場の画を知ってる剛さんに向けてだったとしてもイイゼ
おもしろいなぁ、ってウンウン相槌打ちながら笑ってる子がいれば、それだけでイイゼ。

かと思えば、どうでもいいワ二園話(失礼)終わりで、光一さんが思いっきり前のめりになって、剛さんのリアクション確認して笑んでたり。
さすがずっと春
たとえ「掛布の下着」と噛んだって、それは色褪せない思い出になるのでしょうか(笑)

ってこんなん書いた後にアレですけど、ふたりともほんとビジュアルよろしくて。
見目麗しゅうございます


以下、『ハルフウェイ』鑑賞日記。
ネタバレ…になるのか?

つーわけで。
先日ひょんなことからを手に入れた映画『ハルフウェイ』を、おなじみあやっぺと観てきました。
偶然にも、あやっぺの関係者さん(今頃伏せててごめーん)がこの作品に携わってたってことで、超タイミングもよく。
ちゃーんとエンドロールにお名前も流れてました!スゴ

この作品は、前にキャストが「ほとんどアドリブだった」って言ってたんで、どゆこと?と思ってはいたんだが、ストーリーに入った途端なるほどねーと思えたくらい、高校生のごく何気ない恋愛模様というか、恋愛と進路との狭間でなんやかんや揺れたりする感じとかが、ほんと自然に描かれていて。
虚構なのに、まるで実際に彼らが彼らとして存在するみたいな感じ?

なんだろう。
終わったあとも話しましたが、何かガツンとメッセージ性があるわけじゃないんだけど、すごくふんわりした不思議な気持ちになれる作品でした。
映像も終始ハンディ使ってたらしく、ちょっと酔いそうだったけど、より人物に近い視点だったり、逆にバックの空とか自然の色彩がきれいで。

ほんでベタながら、高校生くらいに戻って恋してー!と思ったww
もっとも、岡田将生くんとか溝端くんみたいなキレイな子はおらんかったけどな!(笑)
途中何度も『かわいいやないか…』と思ったっちゅーねん。
バスケ部とか、その時点でもう惚れてまうやろーー!!
溝端くんのネイティブな関西弁もグーだし。
芸術家チックな書道の大沢たかおティーチャーの「まんじゅう食う?」もグーだしw
タイトルにもなってる『halfway(途中)』を、きいちゃんがハルフウェイと読んで、岡田くんと笑い合う場面もステキ。
とにかくジャレ合ってる子達が、なんかくすぐったくてカワイイのですw

周囲を見渡せば、おそらく自分より10…それ以上?ってくらい若い方々ばっかりでしたけど、わたしらはわたしらで思うことのある、ピュアな時間(ぷ)になりましたとさ

いや~、映画って本当にいいものですね。>お約束


と、映画の話はそのへんにして、ケーキとお紅茶つまみながら3時間くらい喋って笑って。
あやっぺの某ネタがホント面白いわ~(すまん)キンキでもSHOCKでもないのに。
渋谷にいたので、折角だからと帰りしな生茶パンダ先生の様子を見に寄ってみたら、ほんとに特設ブース?があったぜ。
でも『本日の整理券配布は終了しました』って紙が貼ってあったんで、そうだよなぁ残念~と諦めようとしたら、スタッフの兄さんが「整理券あちらで配布してまーす」とか言ってるし。
イッタイドッチナンデスカ!

──などあったけど、おかげで速攻パンダ先生を手に入れたッス
namacha1
悲しいくらいボケてますけども。
しかし先生が自動販売機から出てきて、お茶が手渡しだった(笑)
しかも先生ムダに冷えてました。
ついでに明かすと、ペットボトルかと思いきや、実はビンだったw

でも150円でお茶共々手に入るなら、ちょとウレシイおまけですね
待ち時間なしで購入できたからアレですけど。
もしこれがキンキさん関係だったら…と思うと、身の毛もよだちますけど……
お茶+ビン詰めのぬいぐるみ──How much?(爆)



拍手ありがとうございました!!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 
tomo | URL | 2009-03-09-Mon 14:32 [EDIT]
ご無沙汰しております
パンダ先生可愛いー
私も欲しかったけど、行ける訳もなく…
携帯ストラップで我慢ですわ

っとSHOCK観劇と友達の結婚式のため、今月いっぱい親のすねかじりすることにしたtomoでした(笑)
>tomoちん
たま | URL | 2009-03-10-Tue 00:46 [EDIT]
お元気しとる~~?
パンダ先生、運よく手に入ったって感じですわ
ひとり1個しか買えなくて、提供できないのが残念
結構ハデにブース作ってやってたよん

そっかそっか、今月いっぱいはご実家いるのね
車でブーンと行くタイミングでもあればいいんだけどなぁ…
あ、SHOCKいつだって言ってたっけまたしまーす

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。