• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ちょいと遅ればせながら…
SHOCK通算600回達成おめでとうございます
♪おめーでーとぉー

と、ひとことで言うのは簡単ですけども、んまーとんでもない数ですね!
あの舞台、1公演終えるのだってホントに命がけだもん>キミやってねーだろ
座長、決して大きくない身体(ん?)ひとつしかないっていうのに、1回1回骨身を削って…
やっぱりスゴイっす。かっこいいっす

今期もすでに、始まってから27公演を数えたんか。
こうやって自分がなんとなく過ごしてる間にも、帝劇単独主演記録へと、刻一刻近づいていくんですなぁ。
周囲でもぼちぼち観てきたよーって話あるけど、今のところ変更点等は上手いこと知らずにきとります。
なんでこんな頑なになってんのかは自分でもよくわかんないけど(笑)
多分、それだけ新鮮に楽しみたい気持ちがデカイっつーことですよ

でもお目にかかれるまではー、もうちょっと時間あるなぁ。


んで、何の因果か、LOVE LOVE あいしてる~堂本兄弟も通算で600回記念だったのね
こちらもホントにすごいことですわ。
当初からほぼ見てるってことを考えると、なんかオソロしささえ感じますけども。
高校生がゲストだったりすると、それに対するキンキさんを見てると、なおさら時間の流れを感じる
もっとも、彼らは昔と変わってないトコの方が多いような気もするけど。

そんな兄弟@南沢奈央サン。
OP歌でフレームインした光一さん、お顔攻めてましたね~
この回、とにかく「Ah~ha~」だよ。
「今の何なん?ボクだけすごい気になった」
剛さんも思わず身を乗り出すよ。
「英語圏の人は“uh~huh~”って言うだろ?」
「おまえ英語圏ちゃうやん。おまえ兵庫県やないか!」
──う、うまいやないか、と思ってしまったw
光一さんの素の表情にもご注目。

彼らが海でジャレ合っていた頃(ジェットコースター・ロマンス)現役ティーンは小学生か。
そうか…と言わんばかりに、つい見つめあってしまう人たち。
それを後ろの、鼻が大きい人に指摘されてしまう人たち。
って光一さん「よく連動してるって言いますよね!?」ですか!
あんな100点優等生な女子を前にしてw
でも瞬間的に自分も思ったけど(爆)
「お客さんも拍手することもないじゃない」
つよっさんごめんよ。
その場にいたら、絶対手ぇ叩いて笑ってたよ…こんなファンでごめんよ。
なーんて悪びれることもなく、ほんと申し訳ない

ジェロマのイントロ「ピーピピッピッピーー!」
まさかの剛オリジナルサウンド(笑)
「全く現役と同じ音でしたねー」がちょっとツボりました。
若干たけしっぽかった気もするけどなw

てか、なんで「暗いの?」って話になったんだっけ?忘れましたけど(笑)
「光一さんに言われたくないですよ」
あなた去年、年間通して外に出たの何回ですか?言ってみなさい、と♪上から目線~
剛さん、なんで言う前からそんな知ってそうな(爆)
「…5回あるかないかです」
少なっ!と思う反面、その貴重な5本の指の内容がとても気になったw
「ほんとに暗い子なの」
「おうちダイスキ
今考えたら、おうちってかわいいじゃねーか。
でもそれだけ入り浸れるおうち、さぞ快適なんだろうねぇ。
殿、いつになったらそのお城、ご開帳していただけるのでございますか(笑)

振り向くキッカケんとこもオモロかったな。
「それ、あなたのキッカケじゃない?」光一さん笑いながら言っちゃってるし。
剛さんがオッサンになってもうれしそうだw

ふぅ~、結婚願望かぁ… >最後にやめれ



この週末、弟にちょろっと会ったんだが、先日先輩からDSをもらったと云う。

弟「レイトン教授ももらってさー」
私「“最後の時間旅行”?ワタシもやって…」
弟「2~3日でクリアしたよ」

な、なんやとーー!?
プレイしてるソフトがリンクしてるあたり、同じ血だなぁと思ったけど、その頭の回転ムカツクわ~~六大学(笑)
けどアタイもかなり終盤までは進んでたのですよ。
なので昨夜、最後の追い込みかけてクリアしたった(苦笑)
ヘンなとこ負けず嫌いなもんで。
たぶんクリアまでにかかった時間は大して変わらないと思う。へへん

にしても。
謎解きつつ、ちゃんとストーリーがあって、不覚にもラストのほうは感動して泣きそうになってもうた
「そろそろ時間がきたみたい」とか、ちょっとSHOCK思い出させるような場面あるしw
そして大泉洋氏の長台詞がウマい。
上川さんも声ステキ。

でもこれでシリーズラストかと思ったら(サブタイが“最後の時間旅行”やし)
思いっきりTo be continued…の文字が。
絶対次もやるよね~ww

たまには、姉弟揃って某カメラ屋さんのゲーム館を物色したりするのも、昔懐かしいようでイイもんですね。ははは

今夜はバンドブラザーズで『約束』を奏でながら寝たいと思いまーす。
あーー今週は長くなるなぁ


拍手ありがとうございました!
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。