• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
というわけで、ただいまでございます
雨雲の中の離陸、小刻みに揺れるわ時々フワッと落ちるわ、かなり眉間にシワ寄ったなぁ…
ダメなのよーーあの内臓が浮遊する感じ
でもジュースくれたCAさんが、若くてメッチャかわいかったので、ね。いっか。>え
関東付近は雲も薄くて、東京湾アクアラインがメッチャよく見えたぜ。
行きよりも30分ほど短いフライトでした

帰って早々、オバ宅へいとこの誕プレ(笑)という名のおみやげを持って行ったら、結局お昼も夕飯もゴチになってしまった
ほんで、ついでになんかDSソフト貸してもらおうと思ったら、意外にもコイツが!
mariokart
マリオカーート!
今誰もやってないからっつって、期限なしで借りれたぜ
…しかしまぁ、スーファミ時代とはまた一味違って、なかなかの曲者デスネ。>ちょとやった
これが長く続くかは──わたし次第

で、帰ってお風呂に入りながら、ふわーっと鹿児島のアレコレを振り返ってました。
そして思い出しました。
コンサート最後に、しっかり繋がった2人の指先をこの目で見たことを──…
ステージをほぼ真横から見てたお席だったから、もしかしたら角度的に見えないんじゃないかとも思ったけど、まるでそこだけ色付けされたかのように、はっきり見えました。
今ごろになって涙がこぼれたよ

ラストの愛のかたまり前。
光一さんが「剛とふたりでステージに立つことが多かった年だった」と振り返ってたのにも、正直ぐっときました。
“剛とふたりで”のフレーズが、どこか力強く感じて。
その声は鮮明に脳裏に焼きついております。


昼間、母親から電話が着て「どうだった?」と聞かれたので、少しだけ複雑な心境を話してました。
楽しかったけど、もっと楽しくなれるはずだったから、ちょっと残念だったよ、って。
ふたりともすんごいビジュアルもよくて、カッコよくて可愛くて幸せだったけど…
そしたら「そっかー。調子悪かったんだね」ってひとこと。
なぜか、その一言にハッとした。
一言で済ますなー!と思う反面、もしかしたらそのくらいのことなのかもしれない。

快晴の日もあれば、雨が降る日があるのも当然。
これだけたくさんの公演をしてきても、2度と同じ空間はないわけで。
でもやっぱ、少しでも雲行きがあやしくなれば、それを空気で察すれば、こっちとしては不安になってしまいます。
♪心配性すぎなあなーたは~…

やはり2人のステージは、2人が同じように楽しくあって欲しい。
受け手のわたしらが思うのは変なのかもしれないけど、このツアーを経て、改めてそう思う機会が多くありました。
もっとも、それが私たちに対して“伝わる、伝わっていく”っていうことなんだろうけどねぇ。


……毎度のごとく、まとまりのないことを書いてる気がしますけど。
この2シーズン?3シーズン?を振り返ると、結局──楽しかったんです!!
感動して泣いた日もたくさんあったしよぅ。
だから今は、過去を責めるより(詞か?笑)未来への期待の方が大きいっす。
とはいえ第二弾始まる前に、今一度まわりを見てもらうこともしてもらって…ね…

ふたりのアツーイ冬、期待してまっせ!!


旅行中もたっぷりネタあるんで、追々(笑)


拍手ありがとうございましたー!!
>ズンダレさん
行く前にメッセージくれてたんすねーー!ありがとうございました!
行ってきましたよ~~ 地元なんですね!
食べ物も美味しくて、人もみんな温かくて、とてもいい所で楽しかったです☆
時間が限られてて温泉は行けなかったけど(教えてくれた所、メチャメチャよさそ~~)
桜島で足湯には浸かってきましたw
会場も、噂どおりかなりコンパクトな会場でビックリしましたよ!!
長野も大概狭いと思ったけどねぇ。
また行けたら、今度は温泉地にも足を運べたらいいなぁ。
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 
tomo | URL | 2008-11-26-Wed 19:33 [EDIT]
なんかここ数年、ふたりのツアーって言っても数回切りのステージだったから、ステージ上のふたりは、うちらにとっても、最高の状態なことがほとんどだったんだよねぇ。
でも、今回みたく長いツアーだからこそ感じられた綻び的な部分も含め、それが今のリアルなふたりなんだろうなぁと思ったりもして。
まぁなんだかんだ言って(って例によって周りが言ってるだけ?)、根は男前な光一さんだから、きっと東京以降次のツアーでは、一段とステキな姿を見せてくれるよね、きっと。
もちろん横には、一層かわゆい剛さんも…。

お互い第二弾も楽しもうね~♪
>tomoちん
たま | URL | 2008-11-26-Wed 22:51 [EDIT]
日増しに感じていたことを、ここに代弁してくれてありがとう。
この数年で変化したところも含め、きっと2人の間でも、見えてなかったものが見えたりしただろうし、今をリアルに感じた時間だったんじゃないかしらねー
と、ものすごい勝手に思ってたりしますが。
まぁ仰るとおり、周囲の捉え方と、本人たちとのギャップも少なからずあるだろうけどねーi-229

勿論、オトコマエでニコニコな光一さんに出会えることを楽しみにしてますよ!
当然お隣さんもね~~
ステキな第二弾になりますことを祈ってi-189

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。