• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : KinKi Kids
KinKi you@NAGOYA 8/28~OP MC~
DATE : 2008-08-31-Sun 11:24 Comment 0
激しい雨が若干トラウマになってるような気がする、たまです

名古屋のことも振り返りたいと思うんだけど、なかなか腰を据えられず…
とりあえず28日の、最初のMCを掘り下げてみました↓

・どぅーもとつよしです@OP挨拶
K「どぅーんじゃないよ」
T「Doだよ」

K「いつも贅沢にドームでやらせてもらってましたけども」
T「どぅーむでやらせてもらってる」>言うと思った
K「やらしてもらしてました(笑)」>噛んだ
T「漏らしてはないですよ」


・恋人の関係でいきましょ?
お客さんが友達みたいに話しかけてたんで、いきなり「そうですかっっ!」ってマイク外して生声になってみたりする光一さん。
(それでも客の方が断然声デカい)
で、「友達みたいな関係で…友達というよりは恋人の関係でいきましょ?」
けどすぐに、自分はこういうのあんまり似合わない、赤西とかはイチイチかっこよくてズルイ、と。

するとつよっさん「いいじゃないですか。イチイチかっこよくしなくても」とポソリ。
それはなに、あなたはそのままで十分カッコイイってこと?キャー!と、思ったら、
「どうせカッコよくしても楽屋裏とかではかっこよくないんだから」ズコッ>古
光一さん「カッコイイでしょ!?」って自分で言っちゃってました。


・俺もそうやってん今年…
赤西くんの話が出たとこで、剛さんは今年の初詣にて“左側に赤西、右側に山P”の座り位置でご祈祷したそうで。
手を合わせながら両端のふたりを盗み見したら(見方がカワイかったな~)
赤西さんはあんな風貌でありながら、結構しっかり頭を下げて手を合わせていて、一方山下さんは結構斜め上見るくらい高い位置で合掌してたらしい。
なので剛さんはふたりの真ん中くらいの、中間な高さで拝んだそうなw

その際事務所関係者?の方が、3つある箱の真ん中に500円玉を投げたところ、本人の気付いていないところで、500円玉が跳ね返ってコンコンコンッと飛んでった。
「メインの人にフィと払われたようなもんや」
と、笑い話として持ち出したのに、投げた相手からのセリフは
「俺もそうやってん今年…」 
「マジでッ!?」
離れたところから投げるから跳ね返ったりするわけで、もっと近く行きゃええねんと近くで投入したのに、跳ね返ってきたらしい。
「面白い話をするつもりがキミを傷つけてしまった」
「笑えねっす!」
つよなら知ってそうなのに、知らないエピソードっぽかったのが意外だった。>どんだけ
光一さん「何でもう年末の話になってんのかわかりませんけども」同感w


・緊急コンサート
社長に言われて、さすがに「緊急コンサート」はアレやろ、と「KinKiとyouとかにしよう」って言ったつよ。
当然社長は賛同。
でも今でこそ後輩たちも社長ネタ出して、ユーユーユーユー言うてるけど(K:ギャクですか?)発祥の地は自分たちだよね、と。
T「ジャニーさんのyouなのか、女の子のゆうゆのことなのか分からなくなりますけどね。さ、そういうことで…」
ここで、それほど客席は反応なかったら(笑)光一さんは
「いいないいな、剛くんの場合「えー」ってならなくて。いいですよ、俺は笑われても…」と若干スネていた。


・鈍器だけはやめて
新曲の発売日翌日だったので、剛さん「昨日買っていただきました?」
K「あー昨日出たの?」
T「27やから、昨日ですよ」
K「知ってるよーシークレットコード」
T「…ナンボ歌ってるんですか?知らんかったらほんま、鈍器で殴ってるよ」
K「やめて…鈍器だけはやめて。鈍器にするなら魚にして(笑)」
T「細い魚なら刺さりますからね」

33分#05のOA前に、光一さんからその話を持ってくるとは。
折角得た情報だから使っていかんとね~w
けどそこから#05のネタバレが豪快に始まってしまった(笑)
埼玉で撮ってて、ちょうどカメラ回ってる時に地震が発生して、怖かったけど止められなかった、とかも言ってたか。
あのときの地震かなぁ?とか思いつつも、埼玉で撮ってるなら撮ってるって言うてよ~だった瞬間。

しこたまドラマのエピソードを語ってると、大概聞き役・放置気味になってしまう光一さん。
そんな空気を感じると「今までドラマで、これちょっとどうなの?っていうことないですか?」とか振ってみるんだよなぁ、つよ。
「ドラマで?──ナイな!」>大御所風
ホントはないのが普通ですけどね、と剛さん。

衣装さんネタは2回目のMCで。
つながりだった赤い靴下を忘れ、どうにかするから待っててください、といって持ってきたのが、白い靴下の上半分をマッキーで赤く塗った通称“カニカマソックス”。
剛さん…もとい六郎さんの、ファッション誌グラビアみたいな全身写真が紹介されましたな。
写真撮ってたら、撮影チームが5人くらいレフ板とか当ててくれたらしい。
愛されてるね…つよっさん。

おかげでその子の手がメッチャ赤かったそうで、バレるけどな~って言いながら、それを履いて撮ったそうっす。
でもその衣装さんは初めてこういう仕事についたそうで、そもそもアパレル関係のお仕事をしてたけど、手伝ってっていう感じでやってるらしい。
だから色んな不具合があるんだなー
とはいえよくよく考えて、白いスニーカーにまで色移りしちゃってたくらいなシロモノを、素直に履いて撮影するつよっさんも優しいなぁ、と。
その日は「YES!カニカマソックス!」ってずっと言ってたらしい。

何話だったか、克実さんの毛(ヅラ)が段々増えて、最終的に江口洋介みたいになるって話で、光一さんが毛の話をした瞬間モニターにアップになる頭皮。
気付かない二人、会場は(笑)
「名古屋ではヘンなところで笑いが起こる」
でも客席に聞いたら理由がわかって「俺って映るだけで笑われるの?いいよ、どんどん笑って?バカにされようが何しようが受け止めちゃうよ?」
言葉とはウラハラに声とお顔が怖ぇよこうちゃんw
「やーさーしー。やさしいなぁ」
とりあえず言ってみた風だったような気もするつよ(笑)



・そうだったらとっくに結婚してるよね
ドラマ中、細っかいところでカメラテストが2回も3回もあって、その結果押しまくって睡眠時間もショートしてるという話をしてたときだったか、現場再現するふたりの距離がメッチャ近くて客席が沸く。
「キミらビョーキか!30手前のオッサンが寄っただけや」とつよっさん。
でも言ってすぐに話を戻そうとしたのを尻目に──
「何、キミたちはホ○が好きなの!?」

(ここからは会話形式でどうぞw)

T「そういうわけじゃなーいーんだろうけどな」
K「ボクら違うからね」
T「僕らそうやったらとっくに結婚してるよね」
K「残念ながら俺オンナが好きっす!!」
T「マイクを通してOPからおっきい声で言うことじゃないです…。みんなわかってるよ?○モだとも思ってないと思いますよ」

K「不思議なんだよね、女の人って少女漫画とかでも、男の人たちが『オマエのなんとかが~』(顔に手を添えるフリ)そういうの好きなんでしょ?オカシイ!!!」
>いつも思うけどどっから得た知識なんだ…
T「みんながそれを好きだからといって、計算してできる僕らじゃないですよねー(!?)ウソついてんねんで?ジブンらに」
じゃあ“メディアキス”っていうのはナンナンデスカ!?
K「できれば男とそんなに触れ合いたいと思わないもん!」
このあたり、どうにもこうにも、かなりザワついたような気がする(笑)

「そりゃあそうでしょうが!!」とまで言ってましたけど、舌の根も乾かないうちに、バックステージで触ってたのは男性の臀部では……??
彼の中で、やはり相方さんはカテゴリーが違うんでしょうかねぇ。
とかく光一さん表情も口調も、熱弁って感じやったなぁ。

T「でも高校とかで、女の子同士がカーテンの中で平気でキスしたりしてた。恋愛感情とかじゃなくて『なんか今日楽しいね~』って感じで手ぇつないでたり」
K「キミの学校は変わってるんだね(苦笑)」
T「そんなことないですよ、堀越ですから。男と女が教室とかでも喋ったらダメなんです」
K「だから女同士とかになっちゃったのかな?」>ぷっ

T「俺アメフト部とよく遊んでたやんか。で、休み時間に机へ突っ伏して寝てたら、トントンって肩叩かれ
『単刀直入に申しますが、堂本君はホ○なんですか?』って女の子に言われた」
そこで違うって普通に言っても面白くないから、その体勢をキープしたまま、メッチャ真面目な顔で「おう、せやで」と答えたらしいw
したらその子は震え出しちゃって「ありがとうございました…」と去ってった。
当然それからはエライことになったそうです。

で、なぜかそこで「今日まで(一緒に)風呂とか入ったことはー、一回大浴場であったよね?」って剛さん。
なんで風呂の話???と、思わずにはいられなかったですけども。
T「俺がずっとマーライオンみたいなお湯出るところにオシリを当ててた」
K「そうやねん。ウォシュレットじゃないんだから、て」
剛さん曰く、大人しく入ってるのもなんかなーって感じだったらしい。
K「小学校の時『フリーザ!』ってやってるヤツいたよな(笑)わかる人だけ笑ってください」
フリーザ@DBは、ある部分に何もついてなくて、ツルッとしてるわけですよw
弟とかイトコとか風呂あがりにやってたかも…ははは。

そんな感じでなんとなくこの話終了~


またドラマ話に戻ったんだったか“33分探偵”を噛んだ光一さん。
そこから33分探偵のイントネーションについて討論スタート。
「探偵」の本来の発音からして、33分で区切らないと変だという光一さんと、33分間だけ探偵っていうことじゃないから繋げていいんです、と説明する剛さん。
K「『あなたタンテイ↓ですか?』って言わないでしょ」>途中で食った
T「俺の話を最後まで聞けよ。そこが夫っぽいとこやんなぁ。嫁の話を最後まで聞かんと」
ヨメでたーーー
T「言うてることわかる?」
K「…わかった(低)」
T「テンション低すぎる」
K「そんなことないよ?元気イッパイだよ」
と、なんやかんやあって。
K「……はい…すいませんでした…」

ヘンな空気になっちまったから、また「5話もねぇ」とドラマの話。
「まだ話すんですか!?(笑)」

最終回#09は、泣いちゃうかもよ?っていうことですよ。
33分探偵で涙…どういうことだ探偵。
ハンケチの用意をしといて下さい、とのことでした。
あと、台本はかなり作りこまれてるから、もし販売できるようになったら見て欲しいとかも言ってたな。>商売商売

つよが「そろそろ行ってみるく?」と歌に行こうとしたら「え~~」
光一さん的には「行ってみるく」に対してのえーであって欲しかったご様子(笑)
じゃあ締めに笑わせてあげますって感じで「なんやかんやは……なんやかんやです!」をやってくれた。
「ネット上では「なんやかんや」と「なるほろ」と回想して言いかけるシーンとか、かなり騒がれてるみたいですねー。2ちゃんねるとかスゴイ」
に、2ちゃんねる!?なんつーとこ見てんだよ、つおっさん…
2チャンネルって言ったらスゴイ笑った人がいて、2ちゃんツボゾーンがあるんじゃないの?って話。

なんか引き気味な瞬間に「引かれてナンボだよ?」と助言する光一さん。
「こーいちさん!」>妻風
「それ最近きもちいいって言ってるけどダメよ?ノンノンノンよ」
大阪でも、殆どの人がボクをキライになって帰っていったよ、引き潮だった、と光一さんショボンとしたら
「戻りましたよ、潮は」さり気なフォロー入りました☆


そういえば最前列に「ようこ」「きよこ」「ようこ」「きよこ」のウチワを持った4人組を発見したふたり。
「やめてーオカンは」
イチバン端の男性は、明らかに持たされてたらしい。
「オカン出てこないからね!?振るとこないよ」(笑)

*****

OPのMCだけなんですけど、このボリュームは何!?
昨日に引き続き、今日も都内へ遊びに行ってまいりますゆえ、2ndMCはまた追って(汗)
って気付いたらこんな時間。ヤベー(笑)
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。