• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
いやー今日は社会人としてというか、人として本当に使い物になりませんでしたわ(笑)
なんか吸われてきた?ってくらい、目の下にクッキリとクマが…
そらまぁ、あの暑さの中、から会場までの数十分を徒歩で往復してみたり、多少頑張ったりはしましたけども。
やっぱり年齢には勝てないっちゅーことか(苦笑)

そんなこんなで、さっきまで夕飯もそこそこに寝たり起きたりしてたけど、いい加減文字にしようと立ちあがった(笑)
といってもご存知のとおりメッチャ筆が遅いので、徐々に増えていくんじゃないかと思われます
基本ネタバレしてますが、そのへんもあしからず。

あ。これ一番大事ですけど、テキトーに見てねw

August 2 18:00@2H7R

カズミン・Uちゃん・相方と共に、KinKi史上初の長野公演!
ステージを正面にして思ったのが、距離的な感覚が若干TANKっぽいのかなー?と。
双眼鏡要らんだろという判断のもと、最近めっきりご無沙汰だったペンライトを取り出したたかこから、なにか意気込みが伝わりました(笑)
penlight
私らのペンライト、ちょっとばかし年季入ってますw
自分も翌日は振ってみたよ。



♪愛のかたまり
客電が落ちるとすぐに、ア・カペラ&ユニゾンで聴こえてくるサビのフレーズ。
声の聴こえ方がドームとまるで違うことにビックリ!
マイクを通していながらも、ダイレクトに声が飛んでくる感じで、いきなり鳥肌が立ちました。
大階段の上、真っ白なライトとスモークから現れる、真紅なふたり!
ぎゃーーーっ。
階段を並んで降りてくる光景は、何度見ても神々しいとしか言い様が…(笑)
剛さんのハンパ袖丈ジャケットが可愛く、光一さんはとにかくキラッキラ輝いておりました。けど暑そうな印象の強い衣装w

ていうか、まさかの1曲目だったなぁ(しみじみ)

♪硝子の少年
イントロはじめ、振りが従来と変わった箇所があったりして、目新しかったのが純粋に嬉しかった。
すっごい細かいけど、光一さんの♪指に光る指輪 の“指輪”部分で、つよが小指から指を折るとこがステキっす。

♪やめないで,PURE
あたまから踊りがカッコよすぎるでしょうよ!!
双眼鏡で食い入るように見てしまったポイント。
そして♪天使を~ の手振りをついついやってしまいたくなる衝動に…

♪KinKi Kids Forever(English ver.)
この曲にも振りがつくとは!
これも自然と手振りをやってしまいそうなテイストで。
指差し確認は最近振り付けのブームですかねvv
衣装のせいか、東京ではどうも光一さんの手振りがジャラジャラしたイメージが強かったんだけど、長野ではあんまり思わなかったカモ?
ラストに繰り返されるアカペラ、ストップモーションだったりして、圧巻です!
ゴスペルチックだねぇ。

♪永遠に
↑最後がめっちゃ声を張ってるために、出だしの落ち着いたフレーズが調整しんどそうで…
この流れはなぁ…って、東京からアタイがしつこくボヤいてたポイントでした(笑)
だから余計に胸打たれてしまうのか、2日は気付いたら涙、ひとひらだったんだけども…


☆MC
長野でのコンサートは初ということで、長野トーク。
光一さん「車でカーテン開けたら、周囲を山に囲まれてて…」何が言いたい(笑)
さらに、立地的に住宅地を抜けてきたので「こんなところにでかい会場あるのか!?」と思ってたら、あった、みたいな。
良い所だと思いますよ?とフォローしながらも、「田に、ヤマ書いて吉…」とか言って剛さんに咎められる。
(「舎」の部首って“ひとがしら”って言うんだね)
剛さん的には、長野とか山梨は奈良と似てて、住んでもいいかもってくらい好きでいてくれたそうだ。>3日に言ってたか
なので「オマエ今、奈良と長野を敵に回したな」と、仰ってました。

今回使用したビッグハットは、98年の冬季オリンピックでアイスホッケー会場として使用されていた場所だったので、彼らの楽屋もいわゆる選手控え室だったと思うんだけど。
ホッケーシューズ履いたまま使用できるように、床がゴムで&そのまま用が足せるように、トイレも便器の位置が高い──という流れは、いまの彼らにはあきません!(笑)
すぐさま便器と成り代わった光一さん(ありゃ完全にクセです)
剛さんは当然、かなり身体を反ってそこへ……
んもう!!>喜んでんじゃねーか

で、若干その動きがマイケルみたいな感じ?
なので、次Secret Codeに行くにあたり、まだ聴いたことない人も聴こうとして前傾姿勢にならず、その体勢を取れ!という、相変わらずムチャな振り(笑)
更にご丁寧に、どういう状況かということを、光一さんが剛さんの背後へついてレクチャーしてくださった。
シンメトリーに腰を突き出すキンキキッズ、キレイすぎる!!ぷぷっ
と思ってたら、光一さん何を言い出すのか「前の人がちゃんとやらないと──…」
おおおおいおい!おにーさーーーん!!それはとってもオカシなことに…!!!
まさか剛さんも言われたとおりに突っ立ってるとはな。
で、自らやっておきながら、瞬間ヘンな空気になるステージ上のふたり。
と、あわわわわーー!!な私ら。

こうして長野の幕が開いていきました。


♪Secret Code
すっかり耳馴染んだなー。
そういえば2日は、最初の“ぽよよよよー”な音(あれってギター?テルミン?)が鳴ってすぐホーンが入らず、もう一回やらなかったっけ?違うかも。
光一さんもあの策略にハマったように(by東京のMC 笑)今となってはあの音を待ってしまう自分に気付いた。
ソロパート歌ってる剛さんを、おらおら~って煽りにいく相方さんが好きです
モニターをよく見るとタイトルバックの映像が!
光一さんがそれ真似てピョーンピョーン飛んでた3日も可愛かった。
つよっさん、いや、六郎さんビジュアルしゅてき~

カッコよくて詞もオトナで(捕らえ方ではちょとエロい)延々と頭を回りやすいぜ新曲。好きだ!
今回、要所要所で剛さんの「アォ!」も炸裂ですね☆

♪lOve in the Ф
やはりこの曲がくることで、Φコンの記憶がよみがえって……ね!
後ろから見ておりますと、結構な数のペンライトがΦに動いてましたw

♪since1997+Natural Thang
sinceがきたと思ったらNaturalな、この米倉mixはツボ!
間奏部分、左右交互にピンスポが当たって踊るわけだけど、それぞれがカッコよすぎて特にお気に入りでした。
あんなカッチョイイの見てしまうと、即刻映像化して欲しくなるわ。
ああ、世間様にも見て欲しいーー…

♪月光
クールに踊っておいて、ラストの決めでじゃんけんをするのがなんとも楽しい。
結果を確認するのが密かな楽しみになってますな。
でも剛さんが勝つっていうセオリーになってるの?(笑)

♪ジェットコースター・ロマンス *PVアテレコ
2日は解説の堂本光一さんと、コメンテーターの堂本剛さん。
3日は光一社長と剛くん@鬼怒川温泉(笑)
お遊びコーナー、オモロイわ~
今後もいろんなバージョンが出来るといいっすねぇ。
そしてE albumCMの時のように、DVD収録じゃ!>結局
ま、そうすると何度もジェロマのPVを見ることにはなりますが(笑)

♪ジェットコースター・ロマンス *うた
白×グレーのボーダータンクトップに、ラインにスパンコール入ったチェックのシャツ&いつだったか剛さんがカッコイイと言っていた(笑)クラッシュデニムのラフな光一さん。
東京2日目で思いっきり上半身裸だったの、あれは夢だったんでしょうかw
片や、何模様というのかわからんが、白地に茶?の柄シャツに黒のベスト、緑のスウェットをダッポリと履いた剛さん。
それぞれが軽快に歌いつつ、両サイドのスケルトンステージでどんどん後ろに迫ってまいりました

最初に目の前に到達したのは光一さん…かっこええーーー!!
私らがいた場所的に、ちょうどステージ目線な感じだったんで、正直言ってどんな顔してたらいいのか良くわからなかった(笑)
バックステージであっという間に剛さんとすれ違い(おしりサワサワ)もうちょっとそこにいてくれ!という私らの願いも虚しく、ふたりともまた正面へ戻ってしまいました…
しっかし、堂本さん達は近くなればなるほどミニチュアで可愛すぎる


☆ショートMC
15年くらい前の当時のままに、しゃかりきに踊ります、という前振りがあって

♪たよりにしてまっせ
本当に“しゃかりき”さを全面に出してくる光一さんと、ちょっとカッコつけるという技を身につけてしまった剛さん。
でも間奏でのブレイクダンスとかは、揃えるのと同時に若干競い合ってる感じもして、なんかよかったな~とにかく。
顔歪ませながらも楽しそうに踊る姿は、何回見ても楽しめます
2日は、つよだけロンダートで「おい~」
そんなこういちさんはゼーハーしながら床とお友達(笑)


☆MC
喋った順番とか全然覚えてませんけど、やはり一番印象に残ったのはドラマの話。
初回当日ってことで、今夜見てくださいね、と。
すると光一さん、OA時間聞いて徐に「あー俺的にタイミング悪いわぁ」と。
なんで?と問うやいなや「9時からF-1あんねん」でたーーー!
きっと内心しょんぼりーだった剛さん。
「必死になって撮影してんのに(ドラマとツアーの行ったりきたりやのに)引くわ~」と。
それでもF-1から目を逸そうとしない光一さん。
ついに剛さんから出てきた言葉は「ドラマとF-1、見るのは……どっち!」
それでも正直にF-1を選んだあの男(笑)
ひとこと「見るよ」と言ったら終わる話を──

まぁ、さすがにアレだと思ったのか、光一さんの口をついて出たのは
「ホテルのテレビ映んないかもしんない」
「昨日おもいっきり映っとったやないか」>即
そうだよ、映らないなんてそんなこと有り得な───え?剛さん、何て?(笑)

どんどん逆境になる光一さん「違うんですよ」と。
何が違うのかわからんけど(笑)何かとても喋りたそうなので、とりあえずつよも客も聞く。
と、最近光一さんちのハードディスクレコーダーで録った映像を、自分のPCに飛ばす技術を導入したんだそうで。
その喋ってる顔が、ニヤニヤというかデレデレというか、妙な微笑まで含んでてですね。
ついつい「きもちわるい」という心の声が口から…
こういちさん見てそんなん言ったことなかったんだが。とほほ。
結局「かい摘んで見るわ」という、史上最強の本音が出ましたw
ラストもラストでもう1回ほだされて「わかった、見る!」と断言するにまで至ったけどねぇ。
結果は翌日のお楽しみ、でした。

でも光一さんの反論としては、つよっさんだってスシ王子!見てなかっただろ、と。
そんなことないよ、という剛さんにポーズやれと振ったら、出てきたのは「ウミガメっ」
これが予想以上に上手くて大笑い。
いつどこで習得したのか、それともいきなりやってあれが出来るのか?等々、若干悩みましたw
で、結局教わったんですか?直伝ですかー?

剛さんドラマ久々でしょ?という流れから、単発では2本やってた、と。
こ「俺それ知らねー」(だったっけ?笑)
つ「お前、俺のことなんも知らんのやな」
若干トーンの落ちたつよの声が忘れられない。
すると「じゃあさ、じゃあさ!」
出てきましたよ、巨匠改め、つよ曰く“メンドクサイ女”。
「俺もこの2年くらいにフジテレビで単発やったけど知ってる?」
勿論正解は“世にも奇妙な物語”だけど、客席も「あぁ~」言うほどピンときてなかった模様。
それは剛さんも「世にも~やるっていうのは聞いてたよ」と。
でも彼的に、あれはタモリが主演らしい(笑)

タモリ言えば、剛さんは前日最終で長野入りしたそうで、いいともも出てたって話もありましたな。
すると光一さんは、ヨネだっけ?顔合わせるなり「光一くんいいとも出てましたね」って言われたそうな。
「オレ出てねーよ?」ってキョトンとしてたのがかわいらしい。
似てた?という光一さんに、やはり18歳くらいの目に似てた、と。
したら「まるでオレが整形したみてーじゃねーか!」と騒いでいたような気がする(笑)
剛さん的に、あのそっくりさんはヤス(安田さん)っぽいと思ったらしいデス。
神の降りてきたガッカリ札には本人も思い出し笑ってたけど。


そうだ、あとは箇条書きチックにしてみよう。

・戸隠
昨年、長野市街から北西にある、戸隠なるパワースポットに行ったというつよ。
(さっきだと思ってビックリする光一さん 笑)
神社の鳥居で女性に「写真撮ってもらえますか?」と呼び止められ、事務所的にはあんまりアカンけど、まぁ場所も場所なので応じることに。
──案の定カメラを渡され、撮影。
最後まで気付かれることはなかったそうな(笑)
さすがに一緒にいた友人にヤバイと言われ、ちょっとオーラを出して行動していたところ、滝?清水?で頭から水を被ってタオルでわっしゃー拭いてるタイミングで「あれ、剛くんじゃない?」みたいなw
結果そういう場所じゃないのに、続く家族も次々頭から水を被りだしたそうな。
居た堪れなくなって、そそくさと逃げ出した。

・お蕎麦
コンサート前は基本的に食べない剛さんも(その方が声が出るらしい)ちょっとお腹に入れたい時にはお蕎麦とか食べるんだそうで。
で、今回信州ってことで蕎麦を頼んでいて、楽屋入って食べるのをちょっと楽しみにしてたそうな。
しかしスタッフの発注ミスだかなんだかで届かずガッカリ。
仕方なくミートボールみたいなん食べた、と言ったら、光一さんが「それ俺も食った」って嬉しそうだった(笑)
あと大根サラダとw

蕎麦に関しては「長野にいる間に絶対食べます!」とラストでも豪語してた剛さんだったので、夜こういちさんも揃って食べられてよかったなぁと思いました☆
このへんは翌日のMCに続いていきますけども。

・ドラマの裏側
スタッフがカメラ横で手をグーにして目線を作って、そこを見ながら喋る(と共演者が休める)というやり方があるんだけど、33分のスタッフはそのきっかけを出し忘れるそうで、いつまで経っても芝居が始められないということが多々あるそうな。
1回2回だったら長野まで来て言わないけど(笑)何十回もあるとか。

光一さんの場合、グーにしてる手が段々開いてくる人もいたらしく「メッチャ気になんねん!」
それには剛さんも嫌やなーと賛同。
ここまでで、ドラマ作りを知っている2人にしかわからない話だということに、お気づきだろうかw

・うちもよ?
剛さん付きのマネージャーは改札でよく引っかかる。
1回2回なら言わないけど…以下同文。
で、やっぱ長野に向かうときも引っかかったらしい。
すると光一さんとこのマネージャーもそうだったらしく、なんともいえない声色で「うちもよ?」と。
つよっさん、お払いでもした方がいいんちゃうか?と真顔で心配しておった。

マネージャー話で言えば、時々剛さんがバラードとかイイ感じに歌って、客席をふぁ~ってやった目線の先にマネージャーがいたりするらしい。
♪なんとか~で~ なんでお前おんねん~~(笑)
光一さんはあんまりそういうのないらしい。

・キンキキッド
時々光一さんが急に遠くへいったりすると(精神的にね)

つ「キンキキッドになってまう」
こ「S付けろや!」
つ「お前が付けろや!(笑)」

これをふたりともお気に召したのか、長野2日間で4~5回は使用したんじゃないかと思われるw
なんとも平和じゃ。


♪全部だきしめて
ドームと変わったここの演出。
実はあんまりリハーサルしてなかったそうだけど(3回くらい?)
キンキちゃんもギターを抱えて、従来のバンド形式な全だきになりました。
「こーちゃーん!」と客席が合いの手入れるところ、光一さん「おきゃーくさーん!」て言ってたか!?
あまり記憶が定かではないですが。
こういう曲って一体感とかすごく出ると思います。
ので、個人的な要望としては、この曲に変わる何かを今後ぜひ…

♪Hey!みんな元気かい?
剛さんエレキに持ち替え。
それぞれソロがあったり、ふたりだけのセッションがあったりするのがよかった!
若干テンポが揺れたりするのもご愛嬌(笑)

アウトロの締めは剛さんのアドリブギターが入り、自然とふたり向かい合って(超顔近っ!)光一さんなんて剛さんのお顔覗き込んでみたり、顔でギター弾いてたりして、たーのし~vv
延々キュインキュインやってた剛さんがようやく締めに向かった頃、光一さん「長い」と笑ってたけど、とにかく2人ともいいお顔しとりました☆
しかし隙だらけの兄さんを見て、もしかしたらまた予期せぬことが起こるんじゃないかと、若干身構えた自分が哀しい。

♪青の時代
今回このコンサートを通して、改めてイイ曲だなーって思った。
もしかすると、それを一番感じた曲かもしれないっす。
ユニゾンが素晴らしく綺麗。
あんま関係ないけど、高橋克実さんは青の時代チョロっと出てたよね。アッチな看守役で(爆)

♪to Heart
歌詞をジックリかみ締めてみたりしてるうちに、涙腺がじわじわと…
青の時代からの流れは、非常に感動いたしました。
ライトも凄い綺麗かった気がするけど、ブルーのライトが思いっきり直撃して、目が眩むほどだった──のはこの曲だったんだろうか。

♪薄荷キャンディー
堂本剛主演ドラマ主題歌3部作のトリ(笑)
でありながら、やはり光一さんの♪君だけーー が最も重要なポイントを占めていると思いますw
その手前くらいで若干眉をしかめてた気がして、なんとなく不安ではあったけど、そこはバッチリ、ね。
コレ特に、ラストのハモりがブレない気がする。

♪Theme of KinKi Kids'08 (inst.)
キンキさんがお着替えの間の、ダンサー&バンドによる繋ぎインスト。
スクリーンに続々出てくる過去のシングルタイトルが、東京ではツッコミどころ満載でしたが、さすがに修正をかけておりました。
例えば「ガラスの少年」「全部抱きしめて」「雨のメロディー」
シロウトならまだしも、シビアなファンにはダメ出し食らうっしょ?(笑)

♪ビロードの闇
純白の新郎衣装(?)でご登場!
肩にハトが乗ってるよ!>違

この頃くらいから、若干お疲れの色が見え始めた剛さんですけど、時折フッとスイッチ入れたように動きが機敏になったりして、そんなところにグッときたりもしました。
特に♪刹那を擁きながら~ が好きです!

隣のたかこは、イントロ・アウトロで1回ずつしか見れないターン(通称ビロードターン 笑)を毎回楽しみにしてたんで、私もその場面が来ると反応しちゃいますw
光一さんの凄い綺麗なんだよなぁ。

♪涙、ひとひら
ジャスケラッ!大好き!!
とにかく、これでもかというくらい踊るキンキキッズを目に焼き付けました。
かっこいいっす。

♪僕の背中には羽根がある
向かって左手スケルトンにつよしさん、右手に光一さん。
近づいてくる子がかわいくて仕方ない。
ワイパーのように手を振ったりもしてて、ついつい雪崩が発生しました☆
おかげで、モニターで流れてるリスとぞうさんの物語は、やっぱりキチンと見られず…

♪Anniversary
恒例のすれ違いを果たし(束の間の逢瀬だなぁ)再びこちらのスケルトンに光一さん。
しばらく止まって歌ってたんだっけな?
やっぱりどこ見ていいのかわからなくなったけど、ここぞとばかりにガン見させていただきました~

☆あいさつ
バックで流れてるピアノのメロディが悲しすぎるのよーー!!
真摯な剛さんの言葉が、それに乗っかって突き刺さりました…
続く光一さんの声がまた優しいったらない。

♪愛のかたまり
そのままピアノの音で切々と歌われた愛かたに、悔しいかな涙が──
そしてバンドが入って、1コーラス。
再び大階段を上がっていくふたりは、いつも剛さんの2段くらい下から登っていく光一さんと、剛さんのぷりっぷりなオシリにキュンとします。
もしかして降りるときは光一さんが先導してる??
きっと何気ないことではあるんだろうけど、だからこそ凄いと思えるその感じ。

ENCORE
♪Secret Code
グッズTシャツを律儀に着て出てくる光一さんと、黒タンクトップなつよしさん。>かな?
3日なんて、私服のメッシュタンクトップ(背番号「44」。33ならいいのに 笑)に膝丈のデニム。
しかも気がついたら裸足!!
光一さん「ここはキンキTシャツ着ようってことだったのにぃ」
「まるでオレがこのTシャツすごい好きな人みたいじゃん」と。
ちなみにサイズがデカくて、裾をちょっとしぼってもらったらしい。
なかなかコダワリますね~☆
ならばいっそその設定でいいんじゃないでしょうか(笑)

☆あいさつ
♪もう君以外愛せない
KinKi and youという関係をあらわすに相応しい曲ということで。
すなわち、もう君以外の“以外”は、わたしらは蔑ろっていう意味じゃないってことでイイのよね!?(笑)

壮大に歌い上げて、とてもイイカンジにラスト。
ピアノソロから光一さんの囁くようなソロパート…のはずが「♪もう君以外~」と出るのを忘れたあの兄さん。
おかげで「………愛せない~」
さすがに歌い終わった後、回避のしようがないと思ったのか即座に謝罪する光一さん。
どうやらピアノをじっくり聴いてしまったらしいけど、客になりたかったって、なんだそれ(笑)
すると剛さんから「最後のとこだけもう1回やったら?」という、さり気ない助言が!
おかげで今度はキレイにインサートできましたけど、やっぱり動揺してたのか、最後のハモリは1回目の方が綺麗だったなw
ま、そんなところも踏まえてナマっぽいというか、キンキっぽいというか。
それに剛さんも言ってたけど、後にも先にも、きっとこんなことはないだろうしねぇ。
なかなかよろしいハプニングでした☆

2日は99%もなかったし(残念)時間的にもわりと早かったんじゃないでしょうか。
当然会場がドームより狭いから、スケルトンステージの移動時間とかも短いだろうしねぇ。
会場の外に掲げられた予定どおり、3時間半みっちりやってくださって全然かまいませんのよ!


ということで、途中から乱雑になりすぎたけど、2日+セットリスト的流れは以上です
ダラダラ長いくせに、的をちっとも得られてなくてすいません
実は一度完成させたんだが、アップ手前で思いっきり頁を戻して消えたのです(苦笑)
調子こいて3日の分も書くつもりだったのに~~
気長にいきますよ…


拍手&コメントありがとごございます!
こんなんでも読んでもらえてるみたいで嬉しいです!
個々にお返事したいところですが、この場をお借りして。

MCとか言葉はあくまでニュアンスであって、正確さは全くないのでご注意を
というか妄想も多いのかもしれない…
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。