• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
7/5のめざまし占い、1位はやぎ座でした。
そして驚くべきはラッキーパーソン。
髪を触る癖のある人。

…うははははは!
朝からミサイル発射問題で眉間に皺寄せてたのに、次の瞬間部屋に笑い声が漏れたのは言うまでもございません。
はて、弟は髪触る癖のある人と出会えたかなぁ?(そっちかよ!)


そんなスタートを切った日でしたが。
ENDLICHERIENDLICHERI The Rainbow Star
Part2初日、参加してきました

定時18時まで働いてたら当然開演には間に合わない。
そのため昼を14時までガマンして仕事を詰め込み、逆に余裕すらできてしまったり…
上司には「仕事終わってんならぜーんぜん」と、あっさり早退許可を貰えて横浜へ。
「ここへまた来ることになるとは…」とか、しみじみ景色を眺めながら、MリンSっちゃんUちゃんとTANKへ潜入。
ロビーのスクリーンでは新しいカワイイケリー映像が流れておりました。
ゆっくりは見れてないけど。
手荷物検査待ちのときにチラッと意識を向けたら「ファンク&ソウルをやる人はいても、ファンク&ソウルSHOWをやるひとはいないでしょ?」的なことを言ってたような気がする。
違ってたらごめんなさいですが…
初日だけあって、グッズ他も容易く見れるような状態じゃなかったかなぁ?


・愛
・夢を見るな
・とにかくファンキー
衣装からすでにファンク。
文字じゃ簡単に説明できないけど、古着であろうシャツを前ボタン閉めておらず、色白いお腹まで露に!
お胸のふくらみは見えるわ(爆)ち、ち、ち○びを2ゲッツ!!
ちなみにMリンは終わってから鎖骨が!!と、いたく興奮していた(笑)
春と比べたらだいぶカラダ絞ったよね、やっぱね。

頭にはレッドハンチング。
これを細かく取ったりカブったりしてて、前髪あるなしでの顔の違いを改めて感じました…
どう見たって髪下ろしてる方がかわええのになぁ…
途中汗でびちゃびちゃになった髪が、風呂上がりみたいでセクシ~
OP~4曲目?くらいまでサングラス着用。
うっすらおヒゲ、首にブルーのタトゥーシール、紫の紐で身体をグルグル縛り、蛍光イエロー、オレンジラメのパンツ and so on。

・ドラゴン
映像&かぶりものがエンドリドラゴン&空にも浮かんでた
そのうちあの上にスティーヴが乗ったりなんかしてドラムを…(プ)

・宇宙空間
スタートレックとかスターウォーズとか、もしくは未知との遭遇とか、とにかくチョット古い宇宙映画要素も含む。エンディング然り。
エンドロールありで、ドラクエっぽいゲーム要素もあり。
ああいう小細工好きにはたまらない(笑)


剛さんのイングリッシュもフンダンに散りばめられてマス。
そして驚きのMCなし!
でも、それがかえって「この声を聴いて」っていうようなメッセージ性を強くしてるかも
まぁラストに最大のお楽しみがあったりするんだけど…くくくく。
うつむきながら、ぴくぴくと腹筋を小刻みに踊らせていたのはここだけの話。
だってホントにステキなメッセー…(殴)


追加公演だけあって、軸にあるセットリストはそれほど変わらず。
バックメンバーの配置が若干変わったのと、スティーヴが歩き回ったり、なんだかイイ仕事してました(笑)
コーラスの方々もケリーとステップ踏んだり大活躍。
剛さんてやっぱ踊れる人なんだよなぁって思わせるグルーブ満載かも。
これ意外、タップも踏んでました☆
ギターコーナーも充実(剛さん時々マジSだろ…)

アレンジもマイナーチェンジしてたり、ほとんど変わった印象を受けない楽曲もあったり。
個人的には、御伽噺のアレンジが楽しかったのと、CCKからの流れはやっぱりキモチイイなぁと。
ソメイヨシノをEC1曲目にサラリと歌い上げるのもニクイ。
あえて魂を込めすぎず、いい意味でチカラの抜けた感じがよかったです。

とにかく声はホントよく出てたし、一発で五線譜にピタリとハマってしまう音程のよさには、今回もひたすら驚くばかりです。
歌声も逸品ならば、もうひとつどうしても脳裏に焼きつくのは、意識的でなくても揺らぐ腰!!
見せ付けるようにオシリをぷりっぷりっとしてくれるのも当然たまらないけど、身体から発散される天然自然の色に、隣のUちゃんと共に何度もお口あんぐりでした。
どうしてあんなにカラダがグネ~ンてなるんだろう!?
あぁ、絶品。

ギター抱えながら、ちょこまか動くのもメチャクチャかわいい。
バンドメンバーと笑顔を交わすのも、悔しいけどかわいい!
潔さと斬新さ、それと同時にどこか物足りなさも感じたセカンドシーズンでございました。

――こんなところか??
また何か思い出したら書きますーー


拍手ありがとうございました!
コメントお返事、改めていたしますね☆
page top

comment

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。