上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
まだまだ明るい話題も少ないですが、時は刻々と過ぎていきます。
私も、この土日でようやく地震酔いが治まってきたかな~という状態
とはいえ緊急地震速報は慣れることもなく、流れるたびにビビる。
完全にトラウマだな…

品不足も少しずつ解消されつつはあるけど、物価は間違いなく上がってますね
そして相変わらず水・納豆・電池等の品切れは半端ない
土曜の朝、近所のちょっと大きめなスーパーへ行ったら、開店直後だったのに既にカート押して歩くのがやっとなくらい人がいてビックリ…
レジも十数台が10人くらいずつの列。
皆そんなに買い込まなくても…と思う一方、その心理もわからんでもないなぁとも思う。
家族を抱えてるなら尚更。
まぁ自分は1人生きられたら良いので、普通に買い物して帰ってきますが。

とうとう長野の方でも水が店頭から消えつつあるみたいです。
多分そこからいろんな方面へ流れてたりもするんだろうけど。
だって自分がもし地元にいたら、水道水ガバガバ飲んでると思う。
ヘタなミネラルウォーターより美味いと思うもん
乳幼児を持つお母さん達が、実家へ帰っちゃうケースも多いと聞きました。
そうだよな、アタイだって帰れるなら帰りたいくらいだわ…
(ただラクしたいだけやないか 笑)

日々さまざまな情報が飛び交って、あっという間に修正されたりして、また右往左往して。
いつしか、その流れの中から抜け出して、ボーっと眺めてる自分もいます。
こんなんじゃいかん!と思いつつも。
まだ疲れが抜け切れてないのかね
とにかくこの震災を通して、生活を豊かにする媒体がいかに多いかということと、どこか1つでもバランスが崩れた時に、本当に大変なんだなぁということを、色んな場面で感じる毎日です。
Read more…
スポンサーサイト
page top
あれから10日が過ぎようとしています。
まるで数週間にも思えるような、長い時間だったような気がする。
色々な事を考え、また気付かされた日々でもありました。
一日の重みと緊張感をこれほど感じたことが、果たして今まであったかどうか…

だけど私達とは比べ物にならないくらい、被災地の方々にとっての一日は厳しく尊いものだと思います。
想像することは出来ても、本当の苦しみや辛さは、身をもって体験しなければ絶対に分からない。
でも目の前の現実を受け止めながら、復興へ向けて動き出している強さ。
そしてどうにかして支援しようと、沢山の手が差し伸べられているのも事実です。
ライフラインや交通機関も、少しずつではあれ復旧してきた様子。
時間は掛かるかもしれないけど、一日も早く温かく平和な暮らしが皆に、日本中に戻りますように。
必ず立ち直れるパワーがそこにはあると思います。

自分も疲れてないと言ったら嘘になるけど、昨日も急遽出勤してきました
もしかしたら今できることは、限りある資源を大切に使うことと同時に、一生懸命働くことなのかな、とも思う。
それによって1人でも多くの人の住環境を整えられたらいい。

この辺もまだ少し地震があったり、物流の乱れはあるけど、小さな不便や違和感は甘んじて受け止めねば。
きちんと食事ができて、お風呂に入れて、暖かい部屋で寝られて。
当たり前すぎた“普通の生活”って、幸せなことなんだなぁと思う。
母が昨日、ようやくお家の固定電話が復旧したという、仙台の友人と再び会話が出来ました。
家屋には壁にヒビが入ったりしてるけど、部屋の片付けも進み、電気も水道も通って住み始められたようです。
だけどやはり、今まで通りの“普通の生活”を取り戻すことが、いま一番の望みだそう。
お隣さんから分けてもらったようかんが、すごく嬉しかったんだ!と言ってたと聞いて、泣きそうになったよ
普通の生活に戻れたら、絶対会いに行こう!と母と約束。
おばちゃんや子供達の笑顔に会える日がくるのを、楽しみにしています

J事務所の、枠を超えた活動なるものも楽しみにしていいのかしら。
もちろん今夜のゆずvsKinKiコンビ仲良し対決は、一週待った分楽しみすぎる!
電気消して見ようかね。えへへ



http://prayforjapan.jp/message/
泣けすぎるわ…



拍手ありがとうございましたー!!
page top
震災後、土日をまたいで月曜日。

日を追うごとに色んな事実を知って、深く胸を傷めております
自分の身の回りでも、お店のレジが長蛇の列になってたり、売り物が品薄だったり、影響の大きさを痛感してますわ
それにちょっとでも地震で揺れると、寝てても目が覚めたりして。
北関東も震源なってるしなぁ。
信越方面はまた別の震動みたいで、そっちも心配……


そんな中、お家が壊れちゃってる方々のためにも、業種柄止まる事が出来ないわけで本日は通常出社。
が、計画停電と言う名の無計画な発表のおかげで(イヤミです)交通機関が完璧に麻痺…
アタイは自転車で会社まで行ったけど、1/3程度の人出状態で始業しました
まぁ土日分で既にパンクしてたんで、ぶっちゃけ上塗りって感じだったけど
これから落ち着き始めれば、更に動いてくるのかなぁ。

そして停電するならするで、きちんと実施してくれた方が、対象者としては心構えできるんですが…
足りなくなる可能性とか、場合とか、今は言ってる時じゃないと思います
かえってストレスにしかならない…と思うのは私だけ?


と、愚痴ばっかですが、それさえ贅沢な悩みなんだろうな。
実は小学校時代に仲の良かった家族が、避難生活を強いられてると聞きました
かつての職場の福島事業所もメチャメチャ心配……
その町で亡くなった人もたくさんいるし

何も出来ないのがツライけど、少しでも早く寝て節電します
もう大きな余震が起こらないことを切に祈りつつ……
明日もで行くかね。


拍手ありがとうございました!
メッセージいただいた方々も、本当にありがとうです
page top
17時過ぎ、歩いて帰宅。
会社に足止め食った人達がいることを思うと、歩いて帰れただけありがたい
けど想像してた以上に部屋の中はメチャメチャでしたわ

テレビ&HDDはラックごと横倒し、電子レンジは落下して背面が凹むし、シンクに落ちた食器が跳ねてレバーに当たったのか水はジャージャー出っぱなしだわ、積みあがってたCDは全部ぶちまけられ…
炊飯器と電子ピアノも見事ひっくり返ってた
けど電化製品、何一つ壊れてなかったのは奇跡としか言えない

何より、身体が無事だっただけでよかった……
ただ弟が会社から動けたのか、若干不安
明日いろいろあった予定もどうしたらいいんだろう

津波の猛威、今も続く余震。
現実を受け止めるって、こんなに残酷なんですかね……
糸が切れたみたいに涙が出るよ
page top
Copyright © 2005 Chance Comes Knocking!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。